ペルーのスイーツ祭り ご飯編

Dulce Perú 2013/ペルー・スイーツ祭り」・・・で食べた「Chancho al Palo/チャンチョ・アル・パロ」、豚の炭火焼。外はカリッと、中はジューシー!2種類の特製唐辛子ソースをお好みでかけ、切りたてアツアツをがぶっと頂く。舌にじゅわっと広がる豚脂の旨味がもう堪らん~♪ 箸休めには、サルサ・クリオージャ(玉ねぎのレモン和え)を。シャキシャキ玉ねぎとレモンの酸味でお口すっきり、最高の組み合わせ。あー!なんでビールが売ってないんだー!ビール!

豚肉を鉄の網に載せて(もしくは鉄網に挟んで)、炭火でじっくりと焼き上げる。味付けは基本塩のみ。このビールは香りづけ+パフォーマンス。ここ最近の食のイベントには必ず登場しているし、もう何度も食べているから今回はやめよう・・・と思うのだけど、やっぱり食べてしまう。困った。「Chancho al Cilindro/チャンチョ・アル・シリンドロ(ドラム缶を使った豚肉の燻製)」もあったけど、私はこっちのほうが好き。

ペルーの北海道、酪農の街として有名なカハマルカ産の子豚の足のハム。写真を撮っていたら、店のおばちゃんが試食にと生ハムみたいに薄く削ぎ取ってくれた。う~ん、赤ワインでもいいわねぇ。。。

ペルーで豚肉と言えば、やはりこの「Chicharrón/チチャロン」か。豚の三枚バラの部分をからりと揚げたものだが、いわゆる「から揚げ」とはまったく違う。衣は付けず、肉の持つ脂をじわじわと出しながら揚げるので、見た目より軽く仕上がる。このチチャロンをスライスしてパンに挟んだ「パン・コン・チチャロン」はペルー人の大好物。ロンチェ(夕方に食べる軽食)の定番料理でもある。

だんな絶賛「Arroz con Pato/アロス・コン・パト」、ペルー北海岸部の郷土料理だ。どう?この艶々のカモ肉!パラリと仕上がったご飯には、カモから出た出汁がしっかりとしみ込んでいる。あぁ、それにしてもクラントロ(香菜)の香りのよいこと。クラントロに関しては好みの分かれるところだけど、脂の多いカモ肉の個性にご飯が負けず、なかなかよいと思う。パパ・ア・ラ・ワンカイーナまでついて12ソレス(約440円)。お値打ち品。

ペルーの豚肉、いやスイーツ祭り、前半はここまで。後半でペルー伝統の甘ものを(少しだけ)ご紹介。だって私、そもそも甘党じゃないんだもん・・・

あわせてお読みください

2 Replies to “ペルーのスイーツ祭り ご飯編”

  1. ははは。
    やっぱり左党なKeikoちゃんやね~
    しかしバビ…でないチャンチョ、いいなぁ
    特製唐辛子ソースとか、そそられるわ~
    あ~もう夜中だってのにお腹空いたやん!
    どうしてくれるの~(笑)
    スイーツ編、ご飯編とのバランスやいかに?!というのも楽しみです♪

  2. ちちゃさん、スイーツ編やっとアップしたよー。バランス?いやいや、ちゃんと甘いものもチェックしてるって(笑) バリ島のイブオカのバビグリン、食べたいわぁ。ペルーもチャンチョももちろん好きだけど、あれは忘れられない味よね♪

コメントは受け付けていません。