2019年ラテンアメリカベストレストラン50 今年もペルー勢が2トップ

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで10日夜行われた「2019年ラテンアメリカベストレストラン50」の授賞式において、ペルーのレストラン「Maido(まいど)」と「Central(セントラル)」がそれぞれ1位と2位を獲得した。

開催7回目となる今年、ペルー勢は11店が入賞。セントラルは他にもベストサスティナブル賞を受賞し、同店のビルヒリオ・マルティネスとその妻ピア・レオンが率いるモライ(クスコ)の「Mil(ミル)」も初ランク入り(36位)を果たした。

さらに、セントラルの厨房を離れたピア・レオンの手により昨年オープンした「Kjolle(クォージェ)」も21位に初入賞。彼女が昨年度受賞した女性シェフ賞は、今回Ambrosía(チリ)のカロリーナ・バサンの頭上に輝いた。

ペルーから今年ランクインしたレストランは次のとおり(数値は順位)。

Latin America’s 50 Best Restaurants 2019 (Los restaurantes peruanos en la lista)

  • Maido(1)
  • Central(2)
  • Osso(9)
  • Isolina(12)
  • Astrid y Gastón(13)
  • Rafael(19)
  • Kjolle(21)
  • La Mar(26)
  • Mil(36)
  • Malabar(48)
  • Mayta(49)

(ソース: El Comercio 11/10/19)

受賞レストラン公式リストはこちら↓
https://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/the-list.html

あわせてお読みください