FELIZ AÑO NUEVO 2019

2019年1月1日元旦。旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

リマはとても静かな元旦を迎えています。年越しの打ち上げ花火の規模が年々縮小される我が家周辺。でも場所によっては変わらず、いや、もっとパワーを増強させているところもあるようで、まだまだペルーの風物詩であることには変わりなさそう。静寂に包まれた清らかな年越しなんて、ペルー人には居心地わるいんだろうなぁ。昨日もせっせと大掃除をしていたら、隣人から「なんで今掃除してるの?フィエスタにはいかないの?」 と声をかけられました。玄関の扉を拭きながら大掃除と八百万の神様の説明をすると、「玄関とトイレの掃除をしないと新年を迎えられないなんて!日本の神様はうるさいのね~」と。はいはい、もういいから、さっさとフィエスタに行きなさい(苦笑)

日本の元号が変わる2019年は、日本人のペルー移住120周年という節目の年。今朝の新聞には、ビスカラ大統領と安倍総理の祝賀メッセージが大々的に掲載されました。ペルーは南米で初めて日本人移民を受け入れた国。その歴史は1899年4月3日、サクラ丸のカリャオ港到着に始まります。苦難の歴史に翻弄されながらこの地に根付いた、逞しき日本人移民たち。10万を超すその子孫らは、日系ペルー人としてこの国の成長に欠かすことのできない重要な存在になりました。

日本とペルー両国の友好がますます深まる一年になりますように。フィエスタもいいけど、物を大切にしたり感謝する心を隣人が理解してくれますように(笑)

今年もkeikoharada.comをどうぞよろしくお願い致します。

あわせてお読みください