bonsaiに愛を込めて

この週末はEl Día de la Madre、母の日です。あちこちで母の日セール実施中のリマですが、今週は忙しくてほとんど籠っていたのでぜんぜんショッピングを楽しめていません。 くすん。

ところで、母の日のプレゼントは決まりましたか?花束の他、洋服や化粧品、家電なんかがペルーの定番ですよね。まだ迷っている方へのご提案。こんなプレゼントはいかがでしょう?

盆栽小さな小さなハート型の実がついたbonsai。母の日に人気の一鉢なのだとか。先月お邪魔したbonsai博士のお宅には2万鉢もの盆栽がありました。すごっ。

ペルーのbonsaiは日本のそれとは随分違うけど、その分片意地張らずに育てられる感じで親近感が湧きます。街角で8~10ソレス程度で売られているbonsaiは、ただ植木をさしただけのものも多くすぐ枯れてしまう場合が多々あります。「bonsaiの幹を少しひっぱりあげて、根っこがしっかり張っているかどうかチェックして下さい」とはbonsai博士からのアドバイス。ふむふむ、勉強になります。

大事にすれば、10年でも50年でも美しく育つという盆栽。大切な人へのプレゼントにぴったりではないでしょうか。

あわせてお読みください

2 Replies to “bonsaiに愛を込めて”

  1. bonsaiというのは日本の盆栽と同じものですか?
    ハート型の実がとってもキュートですね~
    母の日には素敵なプレゼントになりそうだけど、日本にもこの種類はあるのかしら!?(来年の参考までに・・・笑)

  2. 基本は同じですよ。でも使用する木の種類は格段にペルーが多いです。ま、タブーはなし、ということで。この木の名前を失念してしまいました。bonsai博士に聞いたらご連絡します。これ、私も自分用に狙ってるんです(笑) 

コメントは受け付けていません。