知っておきたいペルーのスラング

ペルーに住んでいると、学校では習ったことのないスペイン語、すなわちスラングを耳にすることがよくあります。

ペルーの英語情報サイト”Living in Peru”が、生活の中でよく耳にするスラングを特集していましたので、みなさんにも少しご紹介。

  • Al fondo hay sitio.
    Sube el bus, ¡al fondo hay sitio! (このバスに)乗りなよ、奥が空いてるよ!
  • Al toque
    Te voy a pasar los datos al toque. その資料、君に直ぐ渡すよ。
  • Aquisito nomás
    -¿A dónde vas?-Aquisito nomás. どこまで(タクシーなどで)?すぐそこまで。
  • Que lechero
    Te ganaste la lotería, que lechero eres. 宝くじを当てたんだって?ラッキーじゃん。
  • Dos chelas al polo
    Cantinero, tráigame dos chelas al polo. マスター、よく冷えたビールを二本ください。
  • Luca, china, ferro
    -Cuánto es la tarifa?- -Luca china más un ferro.- (バスなどで)おいくら?1ソル60センティモだよ。
  • Ni michi
    No entiendo ni michi. 全然わかんないよ。
  • Voy lateando
    Vivo a tres cuadras, entonces me voy lateando. 家まで3ブロックだから、歩いてくよ。

この他も含め、サイトでは25のスラングを紹介しています。コメント欄にも読者が次々とスラングを紹介していますので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。

あわせてお読みください