メルマガ「地球はとっても丸い」と腕に残る優しい温もり

1月21日(土)、メルマガ「地球はとっても丸い」に「アンデスの青空トイレ」が掲載されました!

こちら、私が参加している「海外メディア広場」が運営するメルマガです。今回のお題は「世界のトイレ」!こんな興味深いお題はありませんな(笑)

世界各国の色んな情報、ちょっとしたコラムやお勧めレシピなど気軽に読めるメルマガとしてお届けしています。世界のライターが腕によりをかけてお届けするのだから、面白くない訳がない!どうぞまぐまぐ!にご登録頂き、「地球丸」のメルマガをご購読ください♪(あ、お仕事のご依頼もお待ちしておりまーす!/笑)

★★★★★★★★

今日もこれまた、ほっこりすることがあった。

ある通りを歩いていたら、一人のおばあさんが「ふがふが~」と声を掛けてきた。思わず「物乞い?スリ?」と身構えてしまうのはお許しを。だって何を言ってんだか、わかんなかったんだもん。

このおばあさん、どうやら道路を渡りたかったようだ。でも信号も横断歩道もない場所だったので、車の合間を縫って渡るのが怖かったらしい。

おばあさんは、こちらが了解する前にが私の腕をがしっと掴んだ。はいはい、仕方がないですな。一緒に渡りましょう。

まずは最初の車線を渡る。ちょうど車の流れが切れたので、道路中央の緑地帯までのんびり歩くことができた。

さて緑地帯からその向こう側を渡る。今度はなかなか車の流れが途切れず、しばらく待つはめに。ペルーは自動車優先だからね。誰も歩行者に道を譲ってはくれないのよ。

右手からタクシーがゆっくり走ってきた。後続車はなく、その後なら渡れそうだ。「あのタクシーの後で渡ろうね」とおばあさんに言うと、無言で腕をぎゅーっとしてきた。ちょっとかわいい。

すると。

そのタクシーは私たちの手前で止まり、「さ、渡りな」と道を譲ってくれたのだ。しかも後ろから追い抜く車がないよう、運転席の窓から手を出して後続車を止めてくれた。

ひゃ~ん!なんてやさしいの!

おばあさんは走れないから、ゆっくりゆっくりと渡るしかない。でもそのタクシーはもちろん、後続車もクラクションを鳴らすことなく待ってくれた。

ペルーじゃねぇ、こういうのって珍しいんですよ。みんな、赤信号だろうがなんだろうが、とにかくクラクション鳴らして文句言うんだから。

渡りきった後、おばあさんは「ふがふが」と何かを言って、そのまま歩いて行っちゃった。そばで見ていたペルー人たちの、笑顔がとっても優しかった。

おばあさんが掴んでいた腕の辺りがちょっと熱い。なんだかとても嬉しい気持ちになった。

あわせてお読みください

10 Replies to “メルマガ「地球はとっても丸い」と腕に残る優しい温もり”

  1. なんてやさしいのでしょう!
    ペルーのタクシーもやさしい運転手さんがいるんですね。
    読んだ私も温かくなりました。
    青空トイレ、豪快でいいですね。
    フリフリのスカートは役に立ちますね。
    気分いいでしょうね~~。

  2. 読んでいるだけで、じ~~んと来ちゃいました。
    ペルーの良い話、どんどん紹介してください♪

  3. なんかほこっとしますよねー。おばあさんが無言だった分、余計にじんわりとしました。(ペラペラしゃべる人だと違う印象になってたかも) こういう人とのふれあいって、幸せな気持ちになれるからとても嬉しいです。

  4. うぅぅ、ありがとうございます!いい話があればいくらでもご紹介したい・・・(苦笑) いや、あるはず!あってくれ~!(笑)

  5. ほんと良いお話ですねぇ。日本は最近世知辛い世の中ですから、そういう心温まる光景にあまり出くわしません。周りで見ていたペルーの人たちの笑顔。笑顔になるってことは、みんなほんとは優しい心を持っているんですよね!?
    「青空トイレ」、私も旅先とかで、トイレなどない時は結構平気です。木の陰でとか目隠し用に布とかバックパックに入れてたりとか。チビるよりマシですよねぇ。(笑)

  6. あ〜なんだかkeikoちゃんがばあちゃんの手ぇ引いてて、それを運ちゃんが見守ってて…そんな場面を思い浮かべて、ほのぼのしちゃいました。ええ話やねぇ。
    まあ綺麗ごとだけじゃすまないのが「浮き世の定め」ではありますが、こういう出来事にあうと(人間捨てたもんじゃないな)って。
    トイレばな…
    そうか〜フリフリスカートってそういう使い道もあるのか☆
    便利だわ(笑)

  7. ほんとに、いい話。タクシーの運ちゃんは1/3くらいはいい人だと思っているんですが、昨日久しぶりにちょっと嫌な思いしたので、心が晴れます。
    今日トイレの無い公園で、子供がおもらしをしたばかりだったので、旬なネタでした。私も子供用にそういうスカート買おうかな、と真剣に考えました。

  8. ペルー人って基本的に親切で優しい人が多いですよね。でも仕事になると別なのはなぜ?(笑) しかしそれもペルーということでなんとなく納得しています。
    青空トイレ、誰もいないと気軽にできるけど、同行者がいたら嫌ですねー。「こいつ、手を洗ってないよな」って思われるのは悲しいです。でもそういう時は水も貴重な場合が多く、ミネラルウォーターでざぶざぶ洗えないし・・・ 川の近くに人が住む理由、色んなところから考えちゃいます。やっぱり水って大切だわ(笑)

  9. ほのぼの・・・でしょう?私も一人でニマニマしてしまうくらい、なんだか幸せな気分になって(笑) こっちがありがとうって気分です。
    トイレのフリフリスカートは、あれは便利ですわよ。しかも基本的に3枚重ね履きするので、少々水滴が残っていても表にはでないし。いつか直撃インタビューしてみたいけど、まだそのチャンスには恵まれていません。いつかきっと!(笑)

  10. タクシーの運ちゃん、ほとんど良い人じゃない?(って、ほとんどバスにしか乗らないからかしら/汗) でも嫌な人に当たると、ぐったりするよね。狭い空間で命預けてるわけだし。元気だせー!
    ところで公園では大変だったね。お漏らしは仕方がないけど、やっぱりリマは都会だし、人目も気になるし。アンデスだったらお尻だして歩いても平気なんだけどなぁ・・・いや、それは娘ちゃんにはさすがに無理か。アンデスに行ったら、よくお尻が割れたパンツを履かされてる子供を見るよね。あれもある意味すごく合理的。

コメントは受け付けていません。