インカ巨石建築の傑作 サクサイワマン考古学公園 その2

3月10日(火)AB-ROAD海外ガイド記事に インカ巨石建築の傑作 サクサイワマン考古学公園 その2 が掲載されました。

インカを代表する遺跡のひとつ「サクサイワマン遺跡」。今回はその北側にそびえるスチューナの丘と、さらにその北側エリアをまとめてご紹介しました。この辺りは一般的なツアールートには入っていないため、訪れる人はそう多くありません。でも「インカの玉座」と呼ばれる階段状の建造物や、巨大滑り台「ロダデロ」など見どころがたくさん!遺跡好きにはたまらないエリアです。

個人的には「円形劇場」の周辺にあった岩々が興味深かったですね~。岩を階段状に削ったものや窓枠のように四角くくり抜いたもの、都市設計の模型と思われるような複雑な石彫まであって、まったく見飽きることがありませんでした。調査研究がほとんど進んでいないところが残念ですが、その分想像力は膨らむばかり。次回また訪問のチャンスがあったら、この北側エリアを中心に回りたいくらいです♪

クスコを始めアンデス方面の雨期もそろそろ終盤です。これからペルー旅行を計画される方は、ぜひサクサイワマン考古学遺跡をゆっくり回れるよう、時間をたっぷりとってくださいね。

あわせてお読みください