南米ペルーの女子高生柔道家たちを日本の大会に出場させたい!クラウドファンディングのお願い

ペルー・リマの郊外にある柔道クラブ「共栄館」で、ペルーの子供たちに日本式の柔道を教えている浦田太さん。以前から「いつか子供たちを日本の大会に出場させてやりたい!」と奮闘していた浦田さんが、この度クラウドファンディングに挑戦することになりました。

目をキラキラさせながら、毎日一生懸命練習に励む「共栄館」の子供たち。でも彼らを取り巻く環境は、人生をキラキラのままではいさせてくれません。貧困地区ということもあって、暴力や犯罪が子供たちに襲い掛かろうと手ぐすねを引いています。頑張っても認められない、結果が伴わないことも多く、ちょっとしたきっかけで道を外れてしまう子供も少なくありません。だからこそ子供たちには成功体験が大切なんです。世界の広さを知り、目的に向かって全身全霊で挑んだ経験は、これからの人生に必ず立ちはだかるであろうさまざまな困難を乗り越える力になるはずだから。

今回のクラウドファンディングはAll-or-Nothing方式(目標金額に達しなければ全額返金)。つまり、成功しなければ誰ひとり連れていくことができません。一本気でどんなことにも全力で向かっていく、柔道家の浦田さんらしい選択です。

支援金額は3000円から、募集は1月31日(金)午後11:00まで。ひとりでも多くの方にご支援いただきますよう、心からお願い申し上げます。

READYFOR:南米ペルーの女子高生柔道家たちを日本の大会に出場させたい。

あわせてお読みください