ペルー料理カウサが日本のアニメに登場

ペルー定番料理のひとつ、ペルー風マッシュポテト「causa(カウサ)」。この一品が日本のアニメーションに登場し現地で話題になっている。

カウサが登場したのは、料理バトルが主題の日本のアニメ「食戟のソーマ 神ノ皿」第8話。「黄色い唐辛子をペースト状にしたペルー名物の調味料、『アヒ・アマリージョ』で鮮やかな黄色に染めたマッシュポテト」と紹介している。

さらに、このカウサの素材にはアマゾンに棲息する世界最大の淡水魚ピラルク(※ペルーではパイチェと呼ぶ)も使われており、その味は「淡泊でしっとりとした白身は確かな高級感があり、火入れによってササミ肉のようなしっかりとした食感を楽しむことができる」と表現されている。

尚、物語の登場人物の一人、小林竜胆の手によるペルー料理カウサは、フードバトルでライバルの南イタリア料理「リビエーニ」に勝利した。

(ソース: La República 30/11/19)                  

あわせてお読みください