Expovino 2019@Domos Art

リマの春の風物詩といえば、Wong主催のワインイベント Expovino。ここ1~2年はあまりWongでワインを買っていないし、今年は招待状は来ないだろうと思っていたら、忘れた頃にやってきた。会場が遠いので躊躇したが、受け取った以上は行くしかあるまい。

開場10分前に現地着。すでに列をなしている来場者たちからは、これから始まる目くるめく世界への期待感がひしひしと伝わってくる。その中に、入場前からワイングラスを手にするオバサマたちを発見。なんと、マイグラスじゃないか!

イベントは入場無料(招待状がない場合は入場料S/200)だが、試飲のためのワイングラスは毎回購入しなければならない。いくらRiedel社のグラスとはいえ、イベントの度に1脚ずつ増えるのは困りもの。しかも毎年シリーズが変わるため、自宅には少しずつスタイルの違うグラスが溜まっている。いつも「これ、いらないよなぁ」と思っていたが、まさかグラスを持ってくるとは考えもしなかった。オバチャン、さすが!

いつも気の置けない友人と参加しては、楽しく飲んでしゃべって記憶を失くして帰るというのが常だったが、今年のワタシはちょっと違う。記憶のあるうちにお目当てのものを堪能するため、事前にwebをチェックするという気合の入れようだ。なのに早速向かったお目当てのブースには誰もいなかった・・・ま、ペルーではよくあることさ。

93,80 pts Vino Viña Vilano Crianza 美味しかった!

スペイン、イタリア、アルゼンチンワインを堪能し、最後は気に入ったものだけを狙い撃ち。「通常価格 S/300 ちょい、イベント価格S/200ちょい」なんて言われたら、そりゃ通いたくなるのが人情ってものでしょう。最終日だからか、チケットなしでどんどん飲ませてくれるしね~。なんて幸せ。やっぱり週末の午後はこうでなくちゃ!

Marques de RiscalやRutiniは外しませんなぁ 

最後にちょこっと買い物して、5時過ぎに帰宅。良いワインは後に残らないのも素晴らしい。あぁ楽しかった。来年も招待状が届きますように♪

あわせてお読みください