二日酔いに効くもうひとつのチルカーノ

月曜日、新たな仕事に向け遊び疲れた身体に気合を入れるには、魚介のエキスが濃縮されたスープ「chilcano de pescado(魚のチルカーノ)」に勝るものはない。

一杯飲めば精力が付き二日酔いにも効くとされるこのスープのレシピを、YouTubeチャンネルの“A comer”が紹介。

材料(4人分)

潮汁

  • 魚(シイラ、アジ、ハタ、カツオなど)のアラ/頭×2、骨×4
  • チョロ(ムール貝の一種)×4個
  • 水3㍑
  • 紫タマネギ×1個
  • クラントロ少々
  • ニンニク×5片
  • セロリ×2本
  • 生姜(親指大)
  • アヒ・リモ(唐辛子の一種)少々
  • 青ネギ少々

屋台風セビーチェ

  • 新鮮な白身魚の切り身120㌘
  • 塩(以下すべて適量)
  • 紫タマネギ
  • アヒ・リモ
  • クラントロ
  • 茹でトウモロコシ
  • カンチータ(炒りトウモロコシ・お好みで)
  • レモン(※メキシカンライム)果汁

作り方

潮汁

  • 魚のアラとチョロ貝の血合いやぬめり、汚れを流水でよく洗う。
  • 紫タマネギ、セロリをぶつ切りにし、生姜は切って包丁の背でつぶしておく。クラントロの茎の部分を軽く叩き香りを出す。
  • 鍋に水を入れ沸騰したら魚のアラとチョロ貝を入れ、紫タマネギ、生姜、アヒ・リモ、セロリ、ニンニク、クラントロを加え中~強火で灰汁を取りつつ2分間煮込む。
  • さらに30~40分煮た後火を止め、スープを濾し好みで調味料を加える。

屋台風セビーチェ

  • ボウルに魚の切り身を入れ、塩少々とみじん切りにしたアヒ・リモ、クラントロを入れさっと混ぜる。
  • さらにみじん切りの紫タマネギとレモン果汁、(オプションでレチェ・デ・ティグレ)を加えて混ぜ合わせる。
  • 茹でトウモロコシの粒(オプションでカンチータ)を加え、よく混ぜる。

仕上げ

  • マグカップの底にセビーチェ(1/4)を入れた後、お好みでユーヨ(海藻の一種)を乗せ、濾したスープをたっぷりと注ぐ。
  • 仕上げにカンチータ、青ネギ、アヒ・リモを散らして出来上がり。熱いうちに召し上がれ!

(ソース:Correo 02/09/19)

あわせてお読みください