レンタルキックボード サービスエリア拡大

レンタル電動キックボードによるマイクロシティーコミューター・スタートアップの「MOVO」は、バランコ、ミラフローレス、サンイシドロ、スルキージョの4区に加え、この8月からヘススマリアとリンセでも貸出サービスを開始した。

「ヘススマリアとリンセ両自治体の協力の下、持続可能な新型コミューターツールとして、公共交通機関への電動キックボード(電動スクーター)統合を推進し、渋滞の緩和を図りたい。来月にはサービスエリアをらに2区増やす予定」と同社エリアマネージャーのホルヘ・イグナシオは話す。

今回のサービスエリア拡大で、ヘススマリア区ではブラシル通りとサンフェリペ通りが、リンセ区ではカネバロ通りとアレナレス通りが提供ルートに加えられ、スマートフォンアプリ“MOVO”がカバーするリマ首都圏のレンタル可能ルートは延べ23kmに達した。

また先月以降、主要タクシーアプリのひとつ「Cabify」からも“MOVO”のレンタルサービス利用が可能になっている。

(ソース:Gestión 19/08/19)

あわせてお読みください