ペルー人のキラキラネーム ロック編

毎年7月13日は「ワールドロックデー(世界ロックの日)」。1985年の同日、ソマリアとエチオビアの飢餓救済を目的に、米国と英国を始め世界規模で開催されたメガロックコンサート「ライヴエイド(Live Aid)」を称えて制定された記念日です。2019年のこの日に際し、ペルーの国民登録機関(RENIEC)がロックにちなんだ名前(本名)を持つペルー人をリストアップしてくれました。

最も多い名前は、“Don’t Stop the Music”で有名なバルバドス出身の女性シンガーソングライターにあやかった「Rihanna(リアーナ)」。他にも「Queen(クイーン)」や「TOTO(トト)」など懐かしのバンド名や、ロックスターの苗字と名前をそのまま拝借したツワモノたちが各々のレア度を競い合っています。

姓+名のコンビネーションだと日常的には片方だけで済むからまだいいとして、「エアロスミスさん」や「リビドーさん」なんかは役所や病院の窓口でさぞかし人気者になっていることでしょう。

中にはヒップホップやレゲエ界隈のアーティストも混ざっているようですが、そのあたりはご愛敬。80年代ロックシーンを彷彿とさせるペルーのキラキラネームをお楽しみください(※数字は登録人数)。

Rihanna – Don´t Stop the Music
  • Rihanna(リアーナ)3325人
  • Nirvana(ニルヴァーナ)632人
  • Sting(スティング)575人
  • Kane(ケイン)152人
  • Elton John(エルトン・ジョン)111人
  • Queen(クイーン)107人
  • Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)70人
  • Journey(ジャーニー)61人
  • John Lennon(ジョン・レノン)51人
  • Toto(トト)46人
  • Rush(ラッシュ)39人
  • Bryan Adams(ブライアン・アダムス)36人
  • Peter Gabriel(ピーター・ガブリエル)36人
  • Mick Jagger(ミックジャガー)31人
  • George Harrison(ジョージ・ハリスン)21人
  • Oasis(オアシス)20人
  • Cher(シェール)18人
  • Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)17人
  • Kiss(キッス)15人
  • Bono(ボノ)14人
  • James Taylor(ジェームス・テイラー)14人
  • Slayer(スレイヤー)14人
  • Steven Tyler(スティーブン・タイラー)9人
  • Aerosmith(エアロスミス)8人
  • Bob Marley(ボブ・マーリー)8人
  • Brian Wilson(ブライアン・ウィルソン)8人
  • Ray Charles(レイ・チャールズ)8人
  • Bob Dylan(ボブ・ディラン)7人
  • Jimi Hendrix(ジミー・ヘンドリックス)4人
  • Korn(コーン)4人
  • Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)3人
  • Axl Rose(アクセル・ローズ)3人
  • Axel Rose(同上)3人
  • Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)3人
  • Morissey(モリッシー)3人
  • Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)2人
  • Jim Morrison(ジム・モリソン)2人
  • Libido(リビドー)2人 ※ペルーのロックバンド
  • Rod Stewart(ロッド・スチュワート)2人
  • Björk(ビョーク)1人
  • Bruce Springsiteen(ブルース・スプリングスティーン)1人
  • Dire Straits(ダイアー・ストレイツ)1人
  • La Sarita(ラ・サリータ)1人 ※ペルーのロックバンド
  • Nina Simone(ニーナ・シモン)1人
  • Paul McCartney(ポール・マッカートニー)1人
  • Pearl Jam(パール・ジャム)1人
  • Phil Collins(フィル・コリンズ)1人
  • Poison(ポイズン)1人
  • Rolling Stones(ローリング・ストーンズ) 1人
  • Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)1人
  • Van Halen(ヴァン・ヘイレン)1人

(ソース: RENIEC 13/07/19)

あわせてお読みください