インカの隠れた名跡プマコチャ遺跡

5月31日(金)AB-ROAD海外ガイド記事に17角の石やインティワタナもある!インカの隠れた名跡プマコチャ遺跡が掲載されました。

私の大好きな遺跡、アヤクチョ郊外のプマコチャ遺跡のご紹介です。“インカ皇帝トゥパック・ユパンキが生まれた場所 ” とされるビスチョンゴの近くにある、インカの隠れた名跡。17角の石を使った水場や、ラクダ科動物の彫刻が施された石壁は必見です!

またこの遺跡からの眺めも素晴らしいんですよね~。遺跡の目前に広がるのは、ケチュア語で“ピューマの湖”という意味のプマコチャ(またはポマコチャ)湖。名前の由来は分かりませんが、恐らくこの辺りに生息するピューマの水飲み場だったのでしょう。インカの世界観において、ピューマは力の象徴です。宿敵チャンカ族やポクラ族を制したインカ皇帝パチャクテクやその息子トゥパック・ユパンキにとって、この湖を見下ろす高台に神殿(もしくは住居)を建てることは、さらなる権力を掌握するために必要なことだったに違いありません。

インカの偉業に触れるならクスコへ足を運ぶのが最善。でもクスコ以外の遺跡を見ることで、その力がいかに強大で絶対的なものであったかをもっと実感できます。ということで、インカ好きには超オススメのアヤクチョ。日本でもっとメジャーになりますように!

あわせてお読みください