リマ東部の気温、観測史上3位を記録

リマ東部では21日、同地点の2月の気温として観測史上3位となる33.4℃を記録した。国家水路・気象庁(SENAMHI)が伝えた。

同庁の気象専門家は、リマ市ラ・モリーナ区の気象観測ステーションにおける昨日の最高気温を33.4℃と報告。これは1998年(35.2℃)と2016年(33.9℃)に次いで高い気温となる。

この日は他にも、ヘススマリア区のカンポ・デ・マルテで31.3℃、カリャオでも30.4℃を記録。南風の弱化と高い湿度により体感温度も上昇した。

同庁は今月17日、気象注意報No.27を発令し太平洋沿岸地域の気温上昇(19~22日)を警告。引き続きウェブサイトやSNSを通じ住民への気象情報発信に努めるとした。

(ソース:SENAMHI 22/02/19)

あわせてお読みください