小学館「PRECIOUS」カサ・トマーダ マネージャー パトリシア・ガルフレ

1月6日(日)小学館の月刊誌「Precious」の連載ページ「Life is so precious!」に一夜限りのレストランで人々に驚きと感動をが掲載されました。

今年初のプレシャスは、ポップアップ・レストラン「Casa Tomada」を企画運営するパトリシアさんのご紹介。ポップアップ・レストランとはN.Y.やロンドンで流行の、一夜限定のレストランのこと。レストランやオフィスビル、博物館、カルチャーセンターなど開催場所に合わせたテーマを設定し、その魅力を引き立てる演出と、オーガニック素材を主体にしたその日限りの特別メニューを提供します。

大学で演劇を学び、自身も女優としてステージに立っていたというマネージャーのパトリシアさんは、人々に驚きと感動を与えることが楽しくて仕方がないのだそう。同じメニューや演出は二度と繰り返さない、その日・その場に参加した人だけが共有できる特別な体験を提供する。そんなポップアップのスタイルは、彼女の志向にぴったりなんですね。「時間と手間ばかりかかって正直ぜんぜん儲からないけど、この仕事が楽しくて仕方がない!」とパトリシアさん。明るくてはつらつとした、とても魅力的な女性でした。

小学館PRECIOUS、ぜひご覧くださいね!

あわせてお読みください