今年は中止ですが・・・グルメの祭典「ミストゥーラ」

9月5日(水)世界のイベント&フェスティバルにラテンアメリカ最大!グルメの祭典「ミストゥーラ」が掲載されました。

と言っても、今年は中止ですが。

5月に「今年はリマックからコスタベルデに戻る」という発表があったミストゥーラ。7月初めに「もうすぐ今年の内容について発表するよ。待ってて!」と公式facebookで広報したくせに、8月半ばを過ぎてから「今年は中止」なんて無責任にもほどがある。イベント事の発表は常に直前というのがペルーの習慣だけど、国際イベントをこんな突然にキャンセルするなんてどういうこった!(しかも日本は記事執筆から掲載まで時間が掛かるんだから!/怒)

・・・と言っても仕方がありません。皆様、「あ~、そういやこんなのもあったね~」くらいの生暖かい目でご覧ください。

理由は「国際的なフランチャイズの要求に適応するため、鋭意革新中」だからだそうですが、たぶん参加店が集まらなかっただけだろうと思います。「料理で国を発展させた」稀な成功例として、世界のガストロノミー界が注目したペルー。その象徴ともいえるイベントでしたが、もうその任務を全うしたということでしょう。この10年、機会がある度にこのイベントを紹介してきましたが、やはりピークはこのころだったなぁ。最近は商業主義見え見えで、あの使命感はどこへって感じでしたからね。

「ミストゥーラをぜひフランチャイズに」なんて要望が国際社会から出ているとはとても思えませんが、素人の私が知らないだけかもしれません。もちろんそうなったらペルーとしては嬉しいこと。なんだかんだ言っても、ミストゥーラが果たしてきた役割はとても大きいものでした。ぜひ次のステージを目指してほしいと思います。

あわせてお読みください