El Día de la Cultura Afroperuana

6月4日はアフリカ系ペルー人文化の日。アフロペルーの世界を世に知らしめた伝説的音楽家の1人、Nicomedes Santa Cruzの誕生日にちなみ制定された。異国の地で、母なる大地のリズムや踊りを継承・発展させてきた黒人奴隷の子孫たち。彼らの歴史とその芸術を称える日だ。

昨日、ペルー文化省前の広場で行われたイベントを見に行った。ちょうどペルーvsサウジアラビアの試合中で、街角のあちこちから歓声や叫び声が聞こえてくる。通りを歩くだけで周囲から実況中継が流れてくるなんて、まさにラテンならでは。なんて平和で、なんて能天気な日曜日。

現地でマリネラ・ダンサーの福田千文さんと合流。観客の一番前に陣取って、カリャオから参加した青年たちのダンスを堪能した。このリズム、このメロディー、この躍動感!彼らからあふれ出る生命力をどう表現すればいいのだろう。エロティックなメスのまなざし、獲物を狙うオスの眼。なのにドロドロした感じは一切なく、どこまでも対等だ。媚びへつらいではなく、どちらもが選ぶ権利を有しているというか。人間のありのままの姿を表現するアフロペルーならではのアートは、「今ここに生きる喜び」を実感させてくれる。

el Día de la Cultura Afroperuana

el Día de la Cultura Afroperuana

el Día de la Cultura Afroperuana

6月1日~7月1日にかけて、ペルー全国で70以上のイベントが行われる予定。全国といってもリマやイカ、カニエテ、トルヒーヨなどアフロペルアーノたちが多く暮らす地区に限られるがそれは仕方なし。詳細はどうぞこちらを。日本ではぜったい味わえないアフロペルーの文化。ぜひ母なる大地の鼓動を感じて頂きたい。

あわせてお読みください