衝撃映像 違法採掘によるアマゾンの森林破壊

ペルー南東部、ブラジル・ボリビア両国と国境を接し、アマゾンの豊かな大自然をその手に抱く聖母「マードレ・デ・ディオス」州。多様な生態系を育む豊かな森林が今、一攫千金を狙う鉱物資源違法採掘業者により危機に晒されている。この問題を追うペルーのジャーナリスト、グィード・ロンバルディ氏がアマゾンの上空を飛び熱帯雨林の凄惨な現状をレポートした。

(撮影: Carnegie Airborne Observatory)

(西文ナレーション筆者訳)

-リカルド、マードレ・デ・ディオス州の鉱物違法採掘業者が(森林に)ダメージを与えている地域の上空を飛んだ体験を、東洋にいるわれわれの友だちにも少し報告しておこう。ぼくらはもうこの映像をテレビの報道番組で見たよね。違法採掘業者による損害を。でも、(もう一度)見てみよう-

-この映像のとおりなら深刻だね、グィード-

-最悪だよ、最悪…最悪。だって見てごらんよ、映像はほんの一部だけど、すでに30,000ヘクタール(の森林)が破壊されているんだよ。わずかここ3年の間にね。-

-たった3年だって?-

-そう、この3年さ。今起きていることは、「森林破壊」という形容だけでは説明できない。まるで熱帯ジャングルのど真ん中で砂漠に足を踏み入れたような、ある意味本当の「自然破壊」だ。-

-有毒な砂漠だね。森林破壊だけじゃなくて、土壌が汚染されてる-

-そのとおり。土壌を汚し、水を汚している…この光景はすごいよ。鉱物探査の残り滓の泥が森に流れ込んでいる…木が立ち枯れしてる…つまり、泥で森の木々が窒息して完全に死んでるんだ。だから、今の環境大臣に提案したいのは、違法採掘業者に対抗する条例を作成し、これを本当の意味での国家的な戦いへと変えていくということだ。僕が世界に向けて言いたいのは、われわれはここで多様な生態系や森林という財産だけではなく、地球の肺をも守り続けているということなんだ。だから、この状況を変えるために、国際的な援助や連携、戦略を検討しなければならない。これはもう貧困から抜け出したい人々の問題じゃなく-

-大きな組織、だね-

-そう、巨額の資金と多大な影響力を有し、買収という手段を使う国際的な犯罪組織がテーマなんだ。

(以上)

あわせてお読みください