クスコ旅行 博物館巡り

今日は午後のフライトでリマに戻る日。ゆっくりと朝食を取り、荷造りをしてホテルを出る。まずは14角の石を見に、12角の石のある通りを下って、左折して。Museo de Arte Religioso (宗教芸術博物館)の壁にある可愛らしい石だ。

現代の技術を持ってしても、ここまでぴったり収めるなんて無理なのでは?インカ時代の石工たちは、皇帝の命によって大変な重労働を強いられらた…なんて想像されているけど、この石を見たら 「なんだ、楽しんでるじゃん♪」としか思えなくなる(笑) もし過去に戻れるなら、この石組みを作った人に会ってみたいな。きっとすごくいい笑顔をしてると思うんだ!

今日は日曜日。アルマス広場に行くと、ちょうど国旗掲揚の時間だった。紅白のがペルー国旗、七色のがクスコの旗。私は国粋主義者でもなんでもないけれど、ペルーに来てやっぱり大切だなとしみじみ思うようになったのが自分の国を愛する気持ちと、その教育。日曜や祝日にはきちんと国旗を揚げ、国歌を歌い、自分が何人であるかを認識する。

世界中の国々で当然のことが、なぜか日本ではタブーなのよね。クスコでは国歌だけでなく、クスコの歌(市歌?県歌?)も。ケチュア語で「Kausachun Qosqo(クスコ万歳)!」と高らかに歌う。とても誇らしげだ。ちょうどその時、カテドラルではミサが行われていた。ちなみにクスコのカテドラルの見学は有料なのだが、ミサに行く人はもちろんタダ。なので母と私もにわか信者になって、ミサ(の見学)に参加した(笑)

写真不可なので、外観だけ…とても素晴らしい教会だった。金ぴかの教会かと思っていたら、とてもシックで落ち着いている。特に「El Senor de los Temblores (地震の神 褐色のキリスト)」は必見。この日はゆっくり見学できなかった(だってミサの途中)けど、これならちゃんと入場料を払って、ゆっくり見学する価値ありと思った。また次の機会のお楽しみに♪

それからMuseo Historico Regional(地方歴史博物館)へ。ここはInca Garcilaso de la Vegaの住まいだった。1階はマンモスの化石から始まる古代、石器時代、ぐぐっとひっくるめてプレインカ時代、それからクスコに首都をおいたインカ帝国の展示があり、2階は宗教芸術として様々な絵画が展示されている。

明るい日差しがいっぱいの中庭。スペイン統治時代の美しい建築技術が、状態良く保存されている。

金・銀・金・赤い石で作られたリャマの置物。かわいい~♪

ここでは観光業を学ぶ学生さんが、ボランティアで説明をしてくれた。とても分かりやすく、丁寧なスペイン語で、私にもわかるようにゆっくりしゃべってくれる。ここも見学の価値があったな~。うん♪

さて、まだまだ時間があるので、コリカンチャ方面へ。次はMuseo de Sitio del Qoricancha (コリカンチャ博物館)だ。しかし… ここはちょーっと手抜きですな。コリカンチャの偉大さに胡坐をかいているというか。展示物も展示方法も、やる気のなさが思いっきり見える。唯一インカの世界観を説明したパネルだけが、私の興味を引いたけど。ここはささっと出て、次の博物館へ。

Museo de Arte Popular(民間芸術博物館)は、クスコの役所の中にあった。看板も見当たらず、地図を見ながらうろうろ… もうちょっとわかりやすくしてよね。ここはその名の通り、庶民の暮らしや伝統行事、踊りのシーンやキリストに纏わるシーンを人形で表現した面白い博物館。ただその人形たちが表しているシーンがわからないと、ちょっと面白くないかも…と思ったりする。好き嫌いが分かれそうな博物館でございました。

いやー、朝から随分歩いた、歩いた!これだけうろうろして回ったのは、クスコ近隣の遺跡めぐりのために「Boleto Turistico del Cusco (クスコ観光チケット)」なるものを購入していたからだ。10日間有効で130ソレス(4000円ちょっと)、1日有効のものは70ソレス、むっちゃ高い(涙)。

私たちが訪れた遺跡の他、Pikillacta、Tipon の2遺跡、4つの博物館、アートセンターと呼ばれるイベントアンデスの様々な踊りを見せてくれるところ、インカ皇帝パチャクテックのモニュメント(モニュメントだったら外から見れると思うが…)を見学できる周遊券。遺跡を見に行く時間はなかったので、だったら博物館へ行こうということになったのだ。でもさすがに疲れました。

はい、もう終わり、まだ時間はあるけど、終わりっ!タクシーでホテルの近くに戻り、適当なお店でランチ。そして荷物をピックアップして、空港へと向かった。

マチュピチュ遺跡には行けなかったけど、聖なる谷や近隣の遺跡を楽しめたし、まったく使えないDVDを買ってしまったけど、マラスの塩や素敵なショールも買えたし、お天気もまずまずと言ったところで、とても楽しいクスコ滞在となった。

そして何より、母の体力と食欲には感服!念のために持っていった高山病の薬は、ほとんど飲まずに済んだ。いやー、素晴らしい、素晴らしい♪これならペルー滞在後半戦も楽勝?… はい、本当に楽勝でした(笑)

あわせてお読みください