イヴとAERA新年合併号

12月24日(月) 朝日新聞出版の「AERA 2012年12月31日‐1月7日合併号」に「外国人100人が見たニッポン」が掲載されました!

特集『日本の底力』の1コーナーで、世界の人々から日本への応援メッセージを貰うという企画。ペルーからは3人の男性にご協力頂きました。どうもありがとうございました!

インタビューの時にすごく印象的だったのは、「ガンバルという言葉が好き」というコメント。「頑張る」ほど曖昧で、不確実で、個人の努力と力量に左右される行動はない。日本人(私も含む)は普通に使うけど、外国人には理解不可能な言葉。特に「気持ち的に頑張るなんて、なんて無意味な!」と思うだろう。

でも日本へのデカセギ経験者さんは、「あの一体感が好きだった」と。「毎朝『今日も一日ガンバルぞ!』って掛け声を掛けるのが好きだった」と。「頑張る」という言葉で社員が一致団結できたのはもう遥か昔のことですが・・・そんな時代があったなぁと、ペルー人男性に言われてふと思い出したのでした。

頑張れ、ニッポン!

★★★★★★★★★★★

nochebuena201201.JPG我が家のノチェブエナ。好きなものを並べたら赤と緑のクリスマスカラーに♪

nochebuena201202.JPG

nochebuena201203.JPG

nochebuena201204.JPG

nochebuena201205.JPGお酒とおつまみを持ってソファーへ移動。寝ころびながら花火が見れるって最高♪外では9時くらいから花火が上がり始めた。こんなに早くから打ち上げたら、絶対玉切れすると思うんだけどね・・・。

nochebuena201206.JPG向かいのアパートの屋上でも花火。最初、あまりの煙に火事か?と思ったほど。狭いところでバンバン爆発させまくり。安全意識、まったくなし。お見事。

nochebuena201207.JPG

nochebuena201208.JPG

nochebuena201209.JPGうちの近所では、11時半ごろが花火のMAXだった。案の定、午前零時にはもう上げる花火が無くなったのか、勢いが衰えた。(家族と乾杯するために、一旦家に戻ったのかもしれないが・・・)

12月25日の午前零時に一斉にあがる!ってのが美しいのに、なんで待てないかなー。人と行動を合わすのが苦手なペルー人らしいクリスマス。でも今年も無事に良き夜を過ごせたことに感謝。

この記事は1年以上前(2012年12月25日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

「イヴとAERA新年合併号」への2件のフィードバック

  1. 楽しいことは待てない!のがさすがのお国柄?
    でも愛すべきキャラクターとも言えるかも。
    …しかし「ベランダから打ち上げ花火」はどうみても火事にしか見えない 苦笑

  2. あともう少し待てばいいのにねぇ・・・暇つぶし?それにしてもタイミングとか全然考えてないっ!(笑) ベランダ花火はまあどうぞお好きにって感じだったけど、あの家、火のついた花火をすぐ下の公園に投げ捨ててたんだよ。まったくどこまでモラルがないのかねぇ・・・あほ。

コメントは停止中です。