カルナバルの水かけに想う

子供のころ、「人に向かってモノを投げてはいけない」と教わった。ましてや「ぶつけるのはもっての外」ときつく言われたものだ。そりゃそうだろう、小さなものでも当たったら痛い。それが不意だったら尚更だ。 Tweet