セビチェリア 新規開店は昨年並みの360店

ペルーシーフードレストラン協会(ARMAP)は、昨年同様2020年も全国でおよそ360店のセビチェリア(セビーチェ専門店)がオープンすると予想している。

また、Piscisによるフランチャイズ店拡大戦略を筆頭に、Choza NaúticaやSegundo Muelleなど首都圏で複数店舗を展開する大手チェーンを追う動きも見逃せないと指摘。今夏(1~3月)のセビーチェ市場売上予想は昨年並み、年間全体の約4割と見込んでいる。

海水温の上昇による豊漁を受け、セビーチェによく用いられるシイラが60%以上値下がりしてはいるものの、禁漁などで漁獲が減る4~10月に備え、一品当たりの価格は現行の30ソレス前後にとどまる見通しだ。

(ソース: Gestión 10/01/20)

あわせてお読みください