公共サービス評価 1項目除き半数以上不満

Datum社が今月初頭に実施した「公共サービスの満足度」に関するアンケート調査では、社会プログラム以外の項目に対し半数以上が不満と回答。中でも医療と治安項目の不満度が最も高いことが判明した。

当アンケートは11月1日から4日にかけ、全社会経済階層のペルー人成人男女1224人を対象に実施されたもの。各項目別の結果は次のとおり。

医療サービス(公立病院や診療所など)

  • 非常に満足 1%
  • 満足 13%
  • 普通 22%
  • 不満 43%
  • 非常に不満 18%

公共交通機関

  • 非常に満足 1%
  • 満足 16%
  • 普通 27%
  • 不満 42%
  • 非常に不満 13%

教育サービス(公立校など)

  • 非常に満足 0%
  • 満足 19%
  • 普通 27%
  • 不満 37%
  • 非常に不満 14%

社会プログラム(生活向上プログラム)

  • 非常に満足 1%
  • 満足 25%
  • 普通 30%
  • 不満 31%
  • 非常に不満 9%

司法サービス

  • 非常に満足 1%
  • 満足 14%
  • 普通 26%
  • 不満 43%
  • 非常に不満 14%

治安維持(警察・自治体警備員など)

  • 非常に満足 1%
  • 満足 12%
  • 普通 24%
  • 不満 43%
  • 非常に不満 18%

※100分率の不足分は無効・無回答

(ソース: Gestión 08/11/19)

あわせてお読みください