観光客へのIGV払戻制度2020年始動へ

ペルーを訪問する外国人観光客は、来年以降“タックス・フリー”制度の恩恵を受けられる見通しだ。バスケス通商観光相が25日、RPP TVの番組内で伝えた。

同スキームは、財・サービスの販売等に課税される一般販売税(IGV・税率18%、日本の消費税に相当)を外国人観光客に払い戻すというもの。法的な整備はすでに終了し、現在は管轄官庁の国家税務監督庁が2020年のスタートに向け還付システムの実装を進めていると同相は話している。実際の運用は民間に委託すると見られる。

同相はまた、欧州やラテンアメリカ諸国にはすでに同様の制度があり、インバウンド観光の促進に向け経財省のゴーサインも出ていると述べた。尚、払い戻しの適用は、観光およびグルメ関連の財、ならびに民芸品や衣服の購入に限定される模様。

(ソース: El Comercio 26/07/19)

あわせてお読みください