プラ製レジ袋、来年8月から有料に

ペルー政府は19日、使い捨てプラスチック袋等の使用を36か月以内に禁止する法令第30884を官報にて公布した。

同令ではプラ袋を生物分解性の素材に転換するよう義務付けるとともに、プラ袋を利用する場合は消費者が税金の形でその対価を負担するよう定めている。

「プラスチック袋消費税」と題された当税は2019年8月1日以降、プラ袋を利用しようとする個人および法人に対し適用される。

税額は2019年度S/0.10、2020年度S/0.20、2021年度S/0.30、2022年度S/0.40、2023年度以降はS/0.50。単位当たりの購買に賦課され、一般販売税(IGV)課税計算の分母からは除かれる。

当税は国家税務監督庁(SUNAT)の管轄となり、商業・サービス施設などは譲渡したプラ袋の数量および領収書に記載された同税額を記録しなければならない。

(ソース:Gestión 19/12/18)

あわせてお読みください