ペルー政府、ベネズエラ人入国に25日から旅券義務付け

ペルー内務省は17日、ペルーへ入国するベネズエラ人に対し、今月25日以降パスポートの提示を義務付けると発表した。

マウロ・メディナ内務相は記者会見で、現在すでに出国しペルーを目指しているベネズエラ人のために、施行まで8日間の猶予を設けると説明。

また、秩序ある入国およびベネズエラ人市民の安全を保証するにあたり、2018年8月25日午前0時以降はパスポートの提示が(入国の)条件になると述べた。

今回の措置について同相は、ベネズエラ人へのヘイトや敵意、差別によるものではなく、ペルーに入国するすべての外国人やペルー人に本人照合が求められるのと同様、安全上の理由に基づくものとしている。

(ソース: Andina 17/08/18)

あわせてお読みください