標高5100mの絶景!レインボーマウンテン

5月19日(土)AB-ROAD海外ガイド記事に標高5100mの絶景!レインボーマウンテンが掲載されました。

つい先々週もFM802でご紹介したばかりの、クスコのレインボーマウンテン。ネタが重なってしまいましたが、そこはどうぞご容赦を。でもこれからが観光シーズンだから、今ご案内しないとね~。前回も書きましたが、雨期は本当にオススメできないので。

このシーズンにぜひ訪れて頂きたい理由がもう1つ。それはレインボーマウンテン付近の温暖化がますます進行していて、山が緑化しつつあるという情報があるからです。確かに私が行った時も、すでに左側斜面にはちょこちょこと植物が生えていました。つい十数年前まで万年雪で覆われていたとは到底思えません。

標高5000mで育つ植物といえばイネ科植物のイチュか地衣類くらいですが、このままだと数年後には七色どころか、緑一色になってしまうかも?それはそれでまた新しい命が芽生えそうだし悪くはありませんが、観光資源としてはどうかなぁって感じですね。しかも、あれだけ苦労したのにイチュしかなかったじゃ、あまりに悲しすぎます。といって、観光を呼びかけることでさらに温暖化が進むのですが・・・悩ましい。

この素晴らしい景色を、一人でも多くの方に見て頂きたい。でも人が入ることで環境に悪影響を与えることはぜひ避けたい。ということで、将来はマチュピチュ同様、入場者を制限するなどの措置が必要になってくるかも?しれません。

あわせてお読みください