ペルーの社会発展度 モケグア州が総合首位

CENTRUM Católicaは、経済的要素を除いた個人の満足度を示す「ペルー地方社会発展指数」を昨年に続き公表した。 

同指数は、①人間の基本的欲求(BHN: 衣食住・医療・治安等)、②公共の福祉(基礎教育・情報基盤・健康・環境等)、③機会均等(基本的人権・選挙権・社会包摂・高等教育機会等)の3指標を基に、経済的直接要素を除いた個人的満足度を0~100㌽の等級で州別に評価したもの。3指標を合わせた総合評価は次のとおり(数値は㌽)。

ペルー州別社会発展指数2017 総合評価

  1. モケグア 67.47
  2. リマ首都圏 65.63
  3. イカ 65.46
  4. タクナ 65.30
  5. アレキパ 63.71
  6. リマ郊外 62.45
  7. カリャオ 61.56
  8. ラリベルタ 61.38
  9. アンカシュ 60.91
  10. ランバイエケ 59.82
  11. トゥンベス 59.38
  12. アプリマック 58.68
  13. ワンカベリカ 58.62
  14. ピウラ 58.40
  15. アヤクチョ 58.25
  16. サンマルティン 58.06
  17. プーノ 57.45
  18. フニン 57.44
  19. クスコ 57.29
  20. カハマルカ 55.53
  21. アマソナス 55.22
  22. ワヌコ 55.09
  23. マードレデディオス 54.05
  24. パスコ 53.80
  25. ウカヤリ 52.09
  26. ロレト 50.46

尚、各指標の個別評価結果は次のとおり。

(ソース: Gestión 18/04/18)

あわせてお読みください