パスポートランキング2018 ペルーは40位

英 Henley & Partnersによる世界199種類のパスポートを対象とした年次調査「パスポートインデックス」の2018年度世界ランキングで、ペルーは昨年の41位から1ポイントアップし40位となった

観光目的などの短期滞在で査証取得を必要としないいわゆる「ビザなし渡航」の対象渡航先は120か国(昨年度は118か国)。他の南米諸国はチリ16位(161か国)、ブラジル17位(160か国)、アルゼンチン18位(158か国)、ウルグアイ28位(139か国)、パラグアイとベネズエラかそれぞれ35位(130か国)など。

今年は180か国に渡航可能な日本(昨年度5位)とシンガポール(同4位)が上昇し同率首位に。昨年度1位のドイツは179か国で2位にランクダウンした。

一方、101位以下の下位グループはソマリア(32か国)、パキスタン(30か国)、シリア(28か国)、イラク(27か国)、最下位(105位)は渡航先24か国のアフガニスタン。

急上昇の注目株はウクライナ(+16㌽/42位・118か国)、ジョージア(+14㌽/54位・100か国)、アラブ首長国連邦(+11㌽/27位・140か国)の3か国。

(ソース: Henley & Partners)

あわせてお読みください