バレンタインデー前夜

今日頂いたハート型のアルファフォーレス。サクサクとしたビスケットにクリーム(多くはマンハールブランコという練乳を煮詰めた甘いミルククリーム)を挟んだお菓子だ。通常は丸い形なのだが、バレンタインデー前だからだろうか、こんなに可愛いものを見つけたと。女性から頂いても嬉しいハートの贈り物。美味しかった~♪どうもありがとう!

日本は今日、ペルーは明日が2月14日のバレンタインデー。その由来やらなんやらは巷に溢れているのでここでは書かないが、ペルーでも「恋人たちの日」「友情の日」として(一部で)賑々しく祝われる。

驚いたのは、今年のバレンタインデーにおけるリマっ子の平均予算が、「375ソレス」ということだ。375ソレスって約133ドルよ!約13500円よ!リマの金持ちにしたらこんなの屁でもない金額だし、ガストン様のレストランならワイン抜きの寂しいコース(しかも一人分!)しか注文できない金額だけど、平均予算がこの数字っていうのには、やっぱり驚きを隠せない。最低月額給与が750ソレスの国でだよ!

ちょうど「某職種の一日の儲けはたったの25~30ソレス」という原稿を書いていたから、余計に反応してしまった。ペルーって本当に経済格差が激しいね。

375ソレスあったら何ができるだろう。この前LANのoferta(セール)で、トルヒーヨ行きの飛行機が往復45ドル(約126ソレス/しかも税込!)というのがあった。すぐそばのワンチャコには1泊25ソレスの宿がある。贅沢せずビールと摘まみで生きていけば、5日くらいは滞在できるか。

うーん、使い出があるなぁ。

新聞記事によると、この金額はディナーの後にディスコで遊び、ホテルにしけこむ宿泊というフルコースの合計予算だとか。まるで日本のバブル時代やね。そういや学生時代、「おしゃれなクルーザーで神戸港を一周しながら、2人でロマンティック・ディナーを」ってのを楽しんだこともございました。なんて憎たらしいんだ!あの日のワタシ!

明日は別に予定などございません。ワイン付き家ご飯です。あ、ワインの在庫がない!買いに行かねば!375ソレスあったら、ワインを何本買えるかな~♪

そういう計算から抜け出せない庶民派な今のワタシです(笑)

あわせてお読みください