カハマルカで2600年前の石碑発見

アンデス文明形成期に属する2600年前のモノリス(石碑)が、ペルー北部カハマルカ州チョタ郡のケロコト地区で発見された。パコパンパ考古学調査プロジェクトの関雄二教授が発表した。

人間の胴にジャガーの頭部が付いたこの石碑は、パコパンパ神殿の主参道で見つかった。修復前の基壇に埋もれていたものと思われる。

石碑の発見をもたらしたこの発掘調査は、国立サン・マルコス大学の学術的支援を受け、日本政府の出資で8月に開始されたもの。

(ソース / 写真: エル・コメルシオ電子版)

あわせてお読みください