遺跡への落書き クスコで今年171件

遺跡への落書き不良たちによるインカの遺跡への落書きが止まらない。クスコの様々な遺跡への落書きは今年171件にのぼり、当局は消去作業に追われている。文化省クスコ地方支局の調査登録部によると、クスコにおける遺跡への落書きは2011年始めから数えておよそ500件になるという。

同局のアルフレド・モルモントイ部長はペルー21紙の取材に対し、この手の落書きはクスコ歴史地区内の通りを始め、サクサイワマンオリャンタイタンボピサックなど郊外の遺跡にまで及んでいると語った。また、落書きの半数は消去が困難なスプレーによるものだという。

「落書きが消されて表面上はたいしたことがないように見えても、スプレー等に含まれる化学物質が石壁を傷つけ劣化させるため、(本当は)修繕は不可能に近い」と部長は述べた。

(ソース: エル・コメルシオ)

あわせてお読みください