イカ旅行 ナスカ地上絵フライト

お待ちかねのナスカフライト。何度見ても完璧な美しさ。そして2週間後、セスナが墜落したのはこの近く(南無…)

今日はナスカの地上絵を見る日。セスナ酔いをしないよう、事前に酔い止めを飲んで挑んだ。

そしてその結果は…? こちらの記事をご覧下さい♪

ホテル・ラス・ドゥナスのすぐ裏手にある空港。ここから往復1時間、地上絵見学30~40分のフライトへ。やっぱりナスカから飛ぶほうが楽だな~。フライト料金も各段に安いしね。とはいえリマ→イカはバスで4時間、リマ→ナスカは7時間。時間的なことを考えると、まあ仕方がない。

酔い止め効果ばっちりでフラフラになりながらフライト終了(笑)相変わらず薄雲が広がる天気だったけど、地上絵はばっちり見れました♪

ホテルに戻ってお昼を食べ、これから次の目的地パラカスへと向かう。ナスカフライトをアテンドしてくれた旅行会社に聞いたら「150ソレス」と言ったがその辺でヒアリングすると「普通のタクシーなら80~100ソレスだろう」と。はい、じゃあタクシーで行きましょうかね。

しかし、何台か捕まえて交渉してみたが、なかなかOKが出ない。イカからパラカスまで片道1時間、運ちゃんにしたらまたイカまで戻って来なきゃいけないから往復2時間。「パラカスまで」って言ったらみんな「えー、遠いよ」って顔して首を振る。お前ら、2時間で80ソレス儲かるんだから、ちょっとは働けよー。

やっと「80ソレスと料金所のお金は別途で」ってことで交渉成立。おんぼろタクシーでちょっと心許ないけど、まあ仕方がない。こうして曇り空のイカから、抜けるような青い空のパラカスへと移動した。

あわせてお読みください