Astrid & Gastónと私の写真館

2月7日(火) 文化出版局の雑誌ミセス3月号に「美食の都随一のレストラン「アストリッド&ガストン」」が掲載されました!

ミセス今回お仕事をさせて頂いたのは、Mrs. View World の「世界のおいしいレストラン紹介」。ミラノやニューヨーク、シドニーと並ぶのは、リマの「アストリッド&ガストン」です。

リマ在住者なら知らぬ者はいないペルーグルメを代表する名店。取材に協力してくれたスタッフの対応が完璧で、教育も行き届いていて。ガストン・アクリオ氏のこだわりを感じるお店でした。

そして昭和36年9月創刊の「ミセス」は、日本の美をリードしてきた歴史ある雑誌です。こうしたハイクラスの雑誌にもペルーグルメが取り上げられるようになってきたなんて、在住者としては嬉しい限り。ぜひお手にとってご覧くださいね!

★★★★★★★★★★

先日、日本に一時帰国していた友達に無理を言って一眼レフカメラ用のレンズを持って帰ってきてもらった。ここ数日試し撮りをしているが、いいレンズはやっぱり違う。

単焦点にまだ慣れていなくて、対象物との距離が掴めずにチャンスを逃して悔しい思いをしているのだけど、今までとは全然違う一瞬を切り取ることができると、本当に嬉しい。「こんな風に撮るつもりじゃなかったのに」と、「ああ、これ、好き!」と思うモノの比率をもっと変えていけるよう、撮影の機会を増やしたいと思う。

いい物語にはいい挿絵があるように、いい文章にはいい写真が欲しいと思う。ライターの仕事にそこまで求められている訳じゃないけれど、「この写真、いいですね」と編集から言葉を貰うと、やっぱり嬉しくなるものだ。写真撮影料は執筆料に含まれることがほとんどで、私がレンズにかけた費用を回収することは難しいのだけど、それでもできるかぎりの一枚を提供していけたらと思っている。

いい写真があると、文章もやっぱりいきいきとしてくる。言葉だけで読む人の心を掴むことができなければ所詮書き手の力量もそこまでということなのだろうけれど、そこに想像力を掻き立てる一枚あれば、読み手はもっと楽しくなるはずだ。

また、無意味な言葉をくどくど添えるより、的確な写真が1枚あるだけで書き手が伝えようとしていたことを、瞬時で感じてもらうこともできる。写真の力ってすごいと思う。

ということでもう2月になりましたが、今年の目標は写真です。現在、ウェブサイトの「photo」をリニュアル中。まだ途中ですが、原田慶子が観たペルーの風景をお楽しみください。

あわせてお読みください

“Astrid & Gastónと私の写真館” への18件の返信

  1. あのミセスにkeikoさんの記事が掲載されてるなら、立ち読みせずに購入しなくっちゃなりませんね~!
    ペルーとともに、keikoさんもますますメジャーになられて、喜ばしい限りです。
    常々、keikoさんのお写真は素敵だなと思っていましたが、レンズによって、さらにメッセージが伝わってくるショットを拝見できるのを楽しみにしています♪

  2. うー。すごいじゃないっすか。ミセスにですかっ。
    お手元に本があれば今度みせてー
    写真もみたい!
    そういや私の今年の目標。。きまってないなああ。笑

  3. ミセスに?!すごい!!
    もともとkeikoさんの写真て
    アングルも構図もとっても良かったから、
    これからますます洗練された画像を見られるのが楽しみ。
    単純と言われようが「褒められる」って
    やっぱりモチベーション上がりますよね。
    おきばりやす☆

  4. いつもありがとうございます♪見本誌がすぐ手元に届いたのですが、私も久しぶりに「美しい紙面」を堪能してしまいました。そしてモデルさんたちの美しさといったら・・・とても同世代とは思えない(涙) 写真もまだまだで、偶然の1枚に頼っている感じなので、もっと勉強していきたいですね。やりたいこととその処理能力のバランスが悪いところが最大の問題ですが(苦笑) 頑張ります!

  5. お涼ちゃんの目標は明確じゃん!育児は大変だよぉ。雑誌、今度会う時に持っていくね。いやー、違う世界が広がってるよぉぉぉ

  6. うぃん♪ 頑張るよ。単純だからさ、褒めてもらうのが一番の栄養剤さ(笑) ちちゃさんの言葉にはいつもパワーを貰います。ありがと!

  7. お仕事とはいえ、文章も写真の美しさにも感動してます。
    私の場合はブログだからどうでもいいのかと思ってたら、先日父に『おまえのブログのタイトルを見て検索してきた人はペルー料理がちっとも出てこないのと、写真がブレ×2なのと、身内にしかわかんないような文章なのとにガッカリするんだろうな〜。』っと言われ、傷つきました。
    親子の縁切ってやるっっっっっっっっw

  8. すごーい♪
    どんどんお仕事が増えるね!おめでと☆
    写真もすごいね。センスあるぜ♪
    写真を見ると、自然とそこから物語が生まれる、
    というのが良い写真なんだって。
    なるほどなぁ、って思わない?
    Keikoちゃんの写真からは、ペルーが好き、って
    いう気持ちが伝わる。すごく良い写真が多いと
    思う。
    これからも、Keikoちゃんの記事と写真の記載、楽しみ
    にしてまーす♪応援してるぜぃ(^^)

  9. リマの夏は写真シーズンとも言えますよね。夏以外は曇天続きで、
    シエラの雨季同様風景写真のシャッターチャンスが格段に減りますから。
    新しいレンズで夏のあいだに撮りまくってください。

  10. すごーい!
    ミセス、買ってこなくちゃ~。
    新しいレンズでますます取材熱が刺激されそうですね。
    楽しみにしてますよ~。

  11. ありがとう!すごく嬉しい言葉です。これからもがんばります。って、お父さん、そりゃないねぇ。個人ブログは好きなことを書いていいからブログなのに?外国に住む人が、どんな工夫で日本料理を食べているか、って視点もあるじゃないねぇ。それに身内に見てもらいたいから書くんだし・・・でもお父さんはちゃんと分かってるってことだよね(笑)

  12. 物語が生まれてくる写真、いいね!憧れだなぁ。私はキャプションで誤魔化している節があり(苦笑) もっと経験を積まねばです。でも「ペルーが好き」という気持ちが伝わるなら、まず最低ラインは合格、かな?がんばりまーす!

  13. 本当にそうですよね。でもここ数日リマは曇り空で、写真日和ではありません。まあ明るさはあるので、物によっては問題ないのですが、空を入れる風景はイマイチかと。でも夏は短いですから、集中していかなきゃいけませんね!

  14. ありがとうございます~~~!って小さい記事なんですけど(汗) 写真もがんばりますね~!

  15. わー!!いいな、いいなー♪
    新しいレンズ、ものすごーく羨ましいです!!
    また見せて下さい。←カメラ小僧かっ(笑)
    文章だけで、その光景を想像するのも楽しいですが、写真が1枚あると、もっとリアルにその瞬間を想像出来て、もっと楽しいですよね。素敵なペルーの写真期待しています♪そして、写真散歩ご一緒しましょー。

  16. 一緒にカメラ小僧しようよー!お店の開店準備がひと段落したらぜひ教えて下さい。そちらまで頑張っていきますー。

  17. ガストン、なつかしい~~~よく行ったな~…keikoさんのおかげで、日本でもセレブレストランとして知名度が上がるね~。
    新しいカメラのレンズからのぞいた、新しいペルー、楽しんで♪
    これからも新鮮なペルー画像、楽しみにしています! :)

  18. よく行ったの???すごーい♪ 羨ましいなぁ。ほんと素敵なお店だもんね。日本のテレビ局もいくつか取り上げていたみたいなので、それでだねー。日本人がペルーにって、簡単に来れる訳ないけど、もし来る機会があったらぜひ行ってもらいたいお店です♪

コメントは受け付けていません。