リマのバス物語と新しい電車について

1月25日(水) NTT COMZINEに「時は金なり。リマのメトロポリターノ」が掲載されました!

コンビ、ミクロ、オムニブス。庶民の足、リマのバス。時間もかかるし運転も荒いけど、私はこの狭い箱の中で繰り広げられるペルー人たちの日常を見るのがとても好き。だっていらっとすることより、「ほのぼの、くすっ」のほうが圧倒的に多いから。

昨日コンビに乗った時も、ばーちゃんが「すぐそこだから」と50センティモしか払わなかった。コブラドールが「あそこまでは遠すぎるよ!1ソル払ってくれよ!」と怒鳴ると「Lejos para ti!(あんたにとって遠いんだよっ!/私にとっちゃ、そんなの近いのさっ)」って言い返していた。でも・・・私が見る限り、遠かったよ(苦笑)

リマのバス、本当に飽きることがないです。

★★★★★★★★★★

さて、原稿内の「ペルー・リマ」の説明書きでは「鉄道がまもなく開通予定」となっているが、現在すでに無料乗車期間中、2月から正式運行(有料)となるらしい。(原稿の執筆時、納品時、掲載日のずれによる誤差として、ご容赦くださいませ。)

その鉄道「Tren Electrico」、私の行動範囲だと利用するのはせいぜい二駅位な上に、バスのほうが便利とあって、たぶんあまり利用することはないだろうと思われる。だから無料乗車期間中にと、ある日さくさくっと試乗してきた。

リマメトロ電鉄1号線電車がホームに入ってきた瞬間。
メタルベースに赤い色、丸ノ内線のようで何やら懐かしい。大勢のスタッフが「黄色い線の後ろに下がってー!」と叫んでいただけに、前に飛び出す人もなし。でも乗車位置に並ぶ、ってことはまったくゼロだった。たぶん日本のように乗車位置を決めても、そこにぴったり停車するのは難しいんだろう。こういうアバウトさ、私は嫌いじゃないけど。

リマメトロ電鉄1号線ちなみにこちらは反対車線。丸の内線は横ラインだけど、ペルーの電車はドア部分が赤。ペルー国旗のデザインですなー。

リマメトロ電鉄1号線無料乗車期間中+夕方とあって電車はほぼ満員。椅子席はほとんどありませんでした。まあこれだけドアとドアの間隔が狭ければ、座席なぞ造れませんわな。「まるで日本だなー」と思いつつ写真を撮ってたら、おばちゃんににらまれてしまった。ごめんなさいっ

リマメトロ電鉄1号線・車窓の風景夕暮れ間近のSanBorja区。長く伸びる電車の影に、ノスタルジーを感じる私。遠くに見える砂山までが、青春時代を過ごしたあの阪急神戸線を想い起させるではないか!六甲山を眺めながら通学した学生時代、あぁ、あの日々はいずこへ。

いつものリマの街がまったく違う風景に見える。いつまでもぼーっと外を眺めていたい気分だった。

とはいえ。

この電車、スリが横行しそうな予感。みな吊り皮につかまっているから、カバンやらポケットへの守りが薄くなるし。実際、北側の最終地点グラウ駅では、駅周辺でスリ被害が増えているらしい。もともとグラウ辺りは治安がよくないから、さもありなんという感じではあるが。

あと、その敷地がまる見えになってしまう高架沿いの一戸建ての住人が本当に気の毒。彼らも、まさか自宅が上から観察されてしまうことになるなんて考えてもみなかっただろう。日本のように防音壁などない今の状態では、庭先でのプライベートパーティーも全て公共の目に曝されてしまう。いくら塀を高くしても意味がない。泥棒が下見にこの電車を利用することだって可能な訳だ。

試運転中も電気系統のトラブルで2回ほど止まってしまっているこのTren Electrico、調査会社Ipsos Apoyoによると、「この電車をいつも利用する:7%、機会があれば:69%、利用しない:20%」らしい。

メトロポリターノバスは今も満員御礼だが、さてこちらはどうだろう?今月中にまた試乗しにいかねば。

あわせてお読みください

“リマのバス物語と新しい電車について” への16件の返信

  1. 先日乗ったんですよ 私も。ってご存知ですね(笑)
    満員で みんな余り興奮してない中 日本人わたしたちが大騒ぎというか 窓に顔つけて 景色を楽しんでいました。
    景色がほんと 違って見えるというか あ~こんなとこにプールがあるんだとか 下からは見えない景色を堪能しました。
    でもそうですね 丸見えになる人たちには 気の毒ですね。
    しかし アンケート結果が 予想外に低いのには驚きです。
    いつもながらの詳しい記事 ありがとうございます。

  2. けろりんさんと同じですが、役に立つ情報を載せていただいてありがとうございます。
    まだ乗ってないので無料期間中に乗りたいです。
    有料だとどれくらいの料金になるのかしら。
    メトロポリターノと同じくらいですかね〜。

  3. けろりんさん、端から端まで全部乗ったんだよね~!すごい!私もっ!!(笑) いつもの景色も全然違って見れるし、そういう意味では面白いけど、メトロポリターノも南北に走ってるのに電車もってのが、芸がなさすぎなのよね(街の構造上仕方がないのだろうけど)。しかもセントロから外れてるし、こういう結果なのはいた仕方なしかも?でも実際どうなるかは、もう少し時間が立たないと分からないかもね。

  4. これは…あのとき乗った、ってヤツかしら?
    ウチも娘達が興味津々なので、今月中に乗ってみようかな~と思っていたけど、やっぱ治安問題は日本の電車とは違ってくるわけね。。。スルドイ視線、乗る前に教えてもらっておいて良かったわ♪ ま、私達の場合、1駅乗るだけ、だろうけどね。
    しかしさ~、あの支柱になった部分ってさ~、何年そのまま放置してあったんだっけ?そっちも気になるな~。慶子さんはあの柱部分にアート(落書きとも言うか?)があった時代にはもう、ペルーにいたんだっけ?
    昔ね、アッシーマーケットに行く時にね、景色が良く似てるアビアシオンで迷いそうになってた頃にね、「マピの絵が見えたらすぐUターン!」って目印にしてたんだよね。。

  5. いえいえ、こちらこそありがとうございます。有料となっても1.5ソル、メトロポリターノと同じで、しかもカードも共通でいけるらしいですよ。だったら便利ですよね!

  6. おぉ、ついに!
    立ったまま利用するんだね。充分、充分。
    新聞では、無料乗車は40分待ちだと載ってたけど、
    keikoちゃんも暑い中待って乗ったの?
    スリは絶対喜んでいると思うなぁ。
    でも、METROがついにリマでも走り出したので、
    なんか進んだ!!って感じだね(笑)

  7. わたしにはこの風景、
    阪神御影かいわいか、JR六甲道らあたりに見えました
    …あ、この高架具合からすると、今津線の西北~阪神国道間にも見えるわ~
    行ったこともない場所なのに妙に懐かしく見えるよ
    …て、まだ阪急沿線におりますがなっ 笑

  8. さすが情報ツウ(笑) 朝の通勤時間を外せばそんなことはないと思いますよ。あと始発付近は混むかも。中央部(スルコやサンボルハ)だけを移動するような人は、バスか自家用車が多いと思うので、そんなに混まない予感です。スリはどこにでもいそう・・・ あれから結構変化してますよー!

  9. 具体的やね~(笑) もう少し進んだ辺りは、緑も多くて本当に阪急♪って感じなのよ。でもあまりにも人様の庭が見えるから、日本語ブログとはいえ申し訳ないかなぁ、なんて。他の駅周辺の景色も見てみたいです♪

  10. 日中なら大丈夫だと思うよ!景色もいいからぜひぜひ~。でもって、あの柱アートはもちろん覚えているさ。アビアシオンも街路樹がいっぱいで、景色もずっとよかったのにね。中の鉄筋はたぶん錆びていたと思う。新しく造られたものはいいけど、もし大地震があったら、うちの最寄り駅付近の柱が一番危険だと思うっ(汗)

  11. ペルーの電車はこういうのですね。
    結構混んでますね。
    無料と言うことはこれから本格稼働と言うことですか。
    スリの温床にならないといいですね。^^

  12. はい、2月から本格稼働、有料になるという話です。でも、その時になるまで確実でないのが、この国ではあります(笑) 

  13. 何事も導入される当初は乗る側も乗せる側も試行錯誤ですしね。
    台湾に初めて地下鉄ができたときのことを思い出しました。今では随分利用者が増えてますし、路線も急速に増えてます。リマの今後が楽しみですね。

  14. すごい!!リマがどんどん便利になってる~!
    あの、サンボルハにあった高架の部分が使われてるってことだよね。すばらしいっ!!
    これから電車とコンビやバス利用率の変化を見るのが楽しみだね。リマの変わりようを見に行きたいです。

  15. 本当に台湾とペルーは似てますねぇ。そして台湾のほうがちょっと先輩(笑) この電車、路線がいまいちなので現時点で私が利用することはあまりなさそうですが、もちろん将来的に路線が増えれば変わるでしょう。ほんと、先が楽しみですね~。

  16. そうだよー、あの鉄の柱がこんなことに。でも随分錆びていたものもそのまま利用ってところが、ペルーらしくて怖いよー。またいつかこっちに遊びに来ることがあればいいのにね~。この3~4年でますます変わったよ!

コメントは受け付けていません。