フジモリの湯とヒヨコの丸焼き

12月21日(火) あそびすとに「大統領が愛した温泉へ――ペルー山村秘湯の旅」が掲載されました!

友達と行ってきたチュリン温泉、いやー、ここは楽しかった!チュリン村にある温泉はお湯の温度が冷たすぎて凍え死ぬかと思ったけど、この近くには何ヶ所も温泉があって、日本人好みのお湯もあるんです。

その中でも「フジモリの湯」は最高!元ペルー大統領が愛した温泉は、お湯に煩い日本人にも大満足でした。ただチュリンの村から遠いのが難点だけど・・・(涙)

いや、それでも行く価値はありますよ。私はまた行きたいです。今度は「ケイコの湯」にも入りたいしね♪

★★★★★★★★★

今週末はクリスマス~!ということで、世の中どっぷりクリスマスムードのリマです。

今年の街のイルミネーションは、去年よりずっと派手。うちのアパートもどっから費用が出たのか分からないけど、玄関前だけじゃなく屋上にも電飾を飾り、毎夜毎夜きらきらと美しく輝いています。

スーパーは物凄い人ごみで、みんな七面鳥の品定めに余念ありません。牛・豚・鶏はもちろん、レチョン(子豚)に鴨、ウサギ、クイなど様々なお肉が並んでいて、ペルーの食の豊かさを改めて実感します。

うちはですね、「Baby Chicken」を買いました。重さ800g、手のひらに乗るのミニサイズだけど、ちゃんと丸々一羽の丸焼き用。うちのように、量はいらないけどクリスマスの雰囲気を味わいたいという家庭にはぴったり。これにイタリアン的なお惣菜を添えていただく予定です♪

しかし・・・これって要は、ちょっとでかいヒヨコよね?子豚や子牛を食べるんだからヒヨコだってと思うけど、ヒヨコの丸焼き・・・ いやー、人間ってほんと残酷ですわ(苦笑)

この記事は1年以上前(2010年12月22日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

「フジモリの湯とヒヨコの丸焼き」への6件のフィードバック

  1. そうか〜日本人好みの湯温て、ペルーの人には熱すぎるのね。
    温いお湯じゃあたたまらなかろう?って思うけどなぁ?
    今度はぜひケイコの湯をレポートしてね、ケイコさん!
    せや!道が凍る前にいっぺん有馬いっとこっと♪
    とカル〜くいやがらせ。イヒヒ(笑)
    「可哀想」がこんがり焼けると「美味しそ〜」
    人間てホンマおっかない生き物ですわな?!
    ミナミのデパートの鶏肉売り場にも、今日は丸鶏並んでたよ。
    (いつもはばらしたのしかありまへん)

  2. そうなんよ、40度なんて地獄の釜湯!(笑) 大の大人がギャーギャー言いながら入るのを見るのは面白かったです。でも身体にいいってことは知ってるから、やっぱり頑張って入りたいみたい。有馬の湯、行きたいわぁ。ほんまあの湯はいいよね。懐かしい~♪
    ヒヨコちゃん、ニンニクと塩コショウいっぱいまぶして頂きます♪

  3. おじさんとおばさんの怖い顔、わけがわかりました~。笑
    フジモリさんもいいもの残したんですね。
    しかし、遠いのが難点かしら・・・。

  4. 一度行きたいと思ってるんだけれど、なんだか往復に疲れそうでなかなか行けていないチュリンです。でもリマから近いんだもんね!来年は行くぞ~!

  5. もうそんなに我慢したら、血管が切れちゃうんじゃないか・・・と思うくらい、すごい顔して入ってました(笑) でもやっぱり効果があるってことなんでしょうね。随分長く入ってましたよ。温泉、確かに遠いのが難点で、道も悪く往復で疲れちゃうんですけど・・・でもとってもいいお湯でした♪

  6. 確かに往復で疲れます(苦笑) 遠いのもあるし、道が悪い・・・でも村の雰囲気はとてもよくて、人々も優しくてよかったですよ。ご飯も素朴だけどたっぷりで、スープ類ばっかり食べてたけど美味しかった!来年、一緒にいこうか?(笑)

コメントは停止中です。