映画「フィツカラルド」誕生の地 イキトス

8月18日(土)小学館 サライ.jpに世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトスが掲載されました。

今回のサライ.jp は、ペルー・アマゾンの街イキトスを舞台にした映画「フィツカラルド」の世界を巡る旅。19世紀末から20世紀初頭にブラジルやペルーのアマゾンエリアに沸き起こった「ゴム景気」時代を背景に、オペラ狂の男性フィツカラルドが前人未到のアマゾン奥地へと向かうという壮大なストーリー。1982年のカンヌ映画祭監督賞を受賞した名作です。

イキトスを訪れる旅行者の多くは、アマゾンクルーズで終わってしまうでしょう。かつてこのジャングルの街がヨーロッパの都市並みに栄えたと言われても、ピンとこないかもしれません。確かに歴史的建造物はいくつか残ってはいます。しかしながら余程想像力を働かさないと、その輝きを実感することは難しい・・・。ところが映画のロケ地として眺めてみると、これまで見落としていたものが見えてくるのだから面白いですよね。

ネットには映画紹介はネタバレがいっぱいあるので、興味のある方はそちらを検索してみてください。これまで10年以上ペルーの観光情報をご紹介してきましたが、今回の視点はなかなか良いのでは?と個人的にもお気に入りの記事です(笑)。ぜひぞご覧ください。

あわせてお読みください