エクアドルとの国境、ペルーのアグアス・ベルデス散策

5月14日(月)たびこふれ に二つの国をまたいでみよう!エクアドルとの国境、ペルーのアグアス・ベルデス散策が掲載されました。

私が初めて“歩いて”国境を越えたのは、プーノ⇔ボリビア間だったと記憶しています。これでも元バックパッカーなので国境自体は何度も越えていますが、いずれも飛行機か列車、長距離バスでのことで、あの見えない線を足で踏んだ記憶はありません。ペルー⇔チリもコレクティーボ利用だったしなぁ・・・。だからプーノからとことこ歩いてコパカバーナに移動した時は、ちょっと感動したものでした。

今回ご紹介したトゥンベス州のアグアス・ベルデスは、エクアドルとの国境の町。ここも“歩いて”国境を越えられますが、越えたことを自覚するのは容易ではありません。なんたって屋台を冷かしながら歩いていたら、いつの間にか隣の国に入っちゃってるんですから!庶民の逞しさと、国境がいかに政治的なものかを改めて認識できる興味深い場所。エクアドル側は壁を築いて人とモノの往来を管理したいようですが、ペルー側は・・・ははは、野放し状態です。

とはいえ、そのまま相手国(ペルー⇔エクアドル)に滞在する場合は、ちゃんとパスポートコントロールを受けてくださいね。あくまでも「国境越え体験」の話であって、「違法入国のススメ」ではございませんのであしからず。良い子はちゃんと出入国審査を受けて、正しく安全な旅をお続けください。

あわせてお読みください