ツアーボートのエンジン爆発、邦人女性1名負傷

SONY DSC

イースターの休日で賑わう観光地パラカスで、バジェスタス島ツアーに向かうボートのエンジンが爆発、邦人1人を含む7人が負傷した。

ペルー時間3月30日(土)午前11時40分ごろ、イカ州ピスコのリゾート地パラカス港で40名のツアー客を乗せたバジェスタス島ツアーボートの船外機が始動時に突然爆発した。

この事故で負傷した乗客は本日未明リマ市内の病院に搬送された模様。パラカス警察署に届けられた負傷者のリストによると、日本人の負傷者はサリナ・ハタナカさん(両足と背中に1度の熱傷)。

(ソース: エル・コメルシオ)

あわせてお読みください