大腸デトックス

大腸内視鏡検査を受けてきた。先日の人間ドックの結果が送られてきたのだが、大腸の項目だけD判定だったから。胃のポリープはすっかり消えていたし、検査終了後の簡単な説明ではなんら異常なしだったんだけどなぁ。問題ないと思うんだけどなぁ。

便利なもので、ネット上には大腸検査の体験談が色々あった。やはり当日の「下剤」と「排泄」の辛さを訴えるブログが多いか。とりあえず病院を再訪し、結果を見せながら先生に説明を請う。

初めは「できたら検査なんてしたくないなぁ」って思っていたけど、先生が「あー、血液の数値はまーったく問題ないですねぇー。大腸検査はちょっと大変だから、やりたくなかったら必要ないですよー」とあまりにも軽く言うもんだから、かえって闘志が湧いてしまった私。「いえ!こういう検査をするために一時帰国してるんですから!」と自ら希望する形になってしまった。わはは。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の最大の難関は、当日の排泄にある。通常は前日から食事制限をするのだが、前々日から気をつけるだけで随分楽になるそうだ。パンやおかゆ、うどん、ヨーグルトなど消化によいものなら食べていいらしい。折りしも検査の3日前は、だんな側の親戚と伊香保温泉に宿泊する予定だった。

伊香保といえば、日本三大うどんの一つ、水沢うどんの地。名物を食べて検査に備えられるなんて、一石二鳥ではないか!ということで、温泉ではがっつり飲み食いし、翌日のお昼からうどんとヨーグルト+水分で検査に挑んだ。

さて検査当日。前々日から取り組んだ甲斐あって、至って順調に進んだ。いやはやどれほど辛いのかと思ったけど、こりゃ楽勝。それに、日本はどこに行ってもウォシュ○ットがあるしね。もう出るものもないから、コップ1杯の下剤入りの水を飲んだら5分後にはほぼ同量の水が排泄される。あまりにも単純な内臓の仕組みに、思わずミミズの体内構造を思い出した。動物の身体ってシンプルだわ、ほんと。

検査台に乗った時はさすがにどきどきした。「痛くないように麻酔しますね」とお尻に射された注射がかなり痛い。えーん、筋肉注射って、なんでこんなに痛いんだろう。先生(先日の問診の人とは違う)がぐぐいとカメラを挿入してきた。

痛くはないが、腸の中に何かが入ってくる感覚はやっぱり変。でも胃カメラよりは全然楽なので、先生と一緒に自分の腸内画像を見る。排泄物のない大腸はピンク色で、これまたきれい。自分でもきれいだと思っていたら先生もそう思ったらしく、看護婦さんに「この患者さんは何で来たの?」と聞いていた。物好きですみませんねぇ。とりあえずですわ。

先生と和やかに大腸談義をしているうちに、検査終了。どうもありがとうございました。「うちの大腸検査って全然痛くないでしょー。器具がすごくいいんです。友達にもぜひ宣伝しておいてねー」と先生。はいはい、宣伝しておきますよ。こちらは松本市内の病院です。興味のある方はご連絡くださーい。

検査後の夕食は腸に負担をかけない様、消化の良いものにすること、刺激物やアルコールは避けること、と言われたが、問題なかったお祝いに日本酒を少し♪くぅー!五臓六腑に染み渡る~!でも、さすがに酔いは早かったな。へへ。

大腸検査のよいところは、ダイエットもできること。私の場合、-2kg、ひゃほーっ!これなら帰国の度にやってもいいわ。ということで、初めての大腸内視鏡検査はよいこと尽くめで終わりました。病気の早期発見+デトックスにおススメです♪

あわせてお読みください