軍施設撮影のチリ人逮捕

アレキパペルー南部の都市アレキパにある軍司令部を撮影していたチリ人、マウリシオ・アルナルド・パベス・ムニーリャ(52)が逮捕された。

このチリ人は、同市ミラフローレス地区サラベリー軍司令部前での撮影を軍関係者に見とがめられた。同司令部の施設を多数撮影した容疑でその後警察に逮捕され、8月19日午後警察署に移送された。

撮影された写真は現像され、捜査のため封書で同地区管轄の検察官宛に送付された。

(ソース: エル・コメルシオ)

あわせてお読みください