JFN ON THE PLANET ナスカの地上絵を傷つけたのは誰?

2月7日(水)25時開始のJFN ON THE PLANETにラジオ出演しました。

JFN系列36局ネットでオンエアされているFMラジオ番組「ON THE PLANET」。水曜日のパーソナリティーは村上祐資さんです。今日のテーマはナスカの地上絵にキズ?!という話。先月行われた南米ダカールラリーに参加していたトラックが進入禁止区域に入り、ナスカの地上絵にタイヤ痕を残してしまいました。運転手は「進入禁止の看板を見落とした」「パンクしたタイヤの交換場所を探していた」「悪意はなかった」とのことですが、いやなんの。単にパナメリカーナスールの通行料を払いたくなくて、道をそれただけという話もありますからねー。たった数ソレスで世界遺産にキズ。まったくどういうモラルなんだか。

さすが世界最大のモーターイベントだけあって、車に詳しくない私ですらワクワクしてしまうダカールラリー。でもちょっと歩けば遺跡にぶち当たるようなペルーの場合、こういうイベントをすべきかどうかは慎重にすべきです。2012年、13年も遺跡や文化財に傷をつけ非難ごうごうだったというのに、また今回も同じ轍を踏んでしまいました。ダカールラリー参加を表明した時点で、自国の文化財保護より経済効果を優先すると宣言したのと同じこと。ほとぼりが冷めるまでとりあえず不参加・・・ではなく、どちらを選ぶか国として腹をくくって頂きたいところです。

あわせてお読みください