通貨名称変更後の新1ソル硬貨鋳造開始

中銀(BCR)は5日、通貨名称が変更された新しい1ソル硬貨の鋳造を開始した。

新デザインは現行の1ヌエボ・ソル硬貨から「Nuevo」の文字が削除されたもので、2016年には9800万枚が鋳造される予定。この新1ソルを含め、造幣局は今年合計で3億4000万ソル分の硬貨鋳造を計画している。

通貨名称については、2016年は移行期間となり旧称のヌエボ・ソル(略号S/.)および新名称のソル(S/)が併用される。2017年1月1日以降、法的に有効とされる書類上の記述は新名称のみになる。

(ソース: Gestión 05/01/16)

あわせてお読みください