リマの貧困率 4年で2.7ポイント減少

国立情報統計庁(INEI)の発表によると、リマ市の貧困人口割合は2009年(17.5%)から2013年(14.8%)にかけ2.7ポイント減少した。

リマ市43区のうち、パチャカマック(9.7%減)、プエンテピエドラ(7.3%減)、コマス(6.3%減)、エルアグスティーノ(5.05%減)、サンフアンデルリガンチョ(4.95%減)の各区で最も貧困率が減少。一方、プンタエルモサ(19.7%増)、サンタ・ロサ(17.05%増)、サンバルトロ(13.3%増)、プンタネグラ(9.55%増)、アンコン(6.7%増)などの区では2009年に比べ貧困率の増加が顕著となった。

各区の2009年と2013年における貧困率は次のとおり。

リマ・ノルテ(リマ北部地区)

  • サンタ・ロサ 12%(2009年)/29.05%(2013年)
  • プエンテピエドラ 35.6%/28.3%
  • アンコン 19.6%/26.3%
  • カラバイージョ 26.3%/23.15%
  • インデペンデンシア 21.3%/16.9%
  • コマス 22.3%/16%
  • サンマルティンデポーレス 10.9%/10.45%
  • ロスオリーボス 13.4%/9.75%

リマ・セントロ(リマ中部地区)

  • リマック 16.5%/13.55%
  • ラビクトリア 14.9%/11.35%
  • セントロ 12.3%/10.05%
  • ブレーニャ 8.5%/5.9%
  • サンルイス 7.1%/5.5%

リマ・モデルナ(リマ新市街)

  • バランコ 5.3%/7.45%
  • スルキージョ 5.2%/6.75%
  • リンセ 4%/3.3%
  • マグダレーナ 2.3%/2.05%
  • サンティアゴデスルコ 3.3%/2%
  • サンミゲル 2.3%/1.9%
  • ラモリーナ 0.7%/1.25%
  • ヘスス・マリア 1.7%/1.15%
  • プエブロリブレ 2%/1.05%
  • サンボルハ 0.8%/0.6%
  • ミラフローレス 0.8%/0.25%
  • サンイシドロ 0.6%/0.15%

リマ・エステ(リマ東部地区)

  • ルリガンチョ(チョシカ) 24.4%/24%
  • シエネギージャ 24.8%/22.75%
  • サンフアンデルリガンチョ 27%/22.05%
  • アテ 15.55%/18.9%
  • エルアグスティーノ 22.1%/17.05%
  • サンタアニータ 12%/11.05%
  • チャクラカヨ 10.1%/9.7%

リマ・スール(リマ南部地区)

  • チョリージョス 13.2%/17.2%
  • ルリン 30.2%/25.45%
  • パチャカマック 32.9%/23.2%
  • プクサーナ 26.7%/29.25%
  • プンタエルモサ 7.4%/27.1%
  • プンタネグラ 9.5%/19.05%
  • サンバルトロ 9.7%/23%
  • サンフアンデミラフローレス 19.7%/18.2%
  • サンタマリアデルマール 4%/10.65%
  • ビジャエルサルバドル 25.9%/22.8%
  • ビジャ・マリア・デル・トリウンフォ 21.1%/20.7%

(ソース: El Comercio 09/10/15)

あわせてお読みください