ペルーの箱庭祭壇「レタブロ」

5月14日(木)阪急交通社・海外現地生情報にこのヘタウマ感がたまらない!! ペルーの箱庭祭壇「レタブロ」が掲載されました。

ペルーの民芸品の一つとして親しまれている「レタブロ」。アヤクチョ産が有名ですが、お土産として全国各地で売られているので、「見たことある!」という方も多いでしょう。木箱の扉を開けると、とぼけた表情の人形たち踊ったり歌ったり。このヘタウマ感が、何とも言えぬ味わいを醸し出しています。

そして、ぜひ知っていただきたいのが、その材料。ちなみに紙粘土ではありません。アンデスならではの、暮らしに欠かせないある食べ物がベースです。私も知った時は「なんてペルー的なんだ~!」と嬉しくなりました。さて、それは一体?知りたい方は、どうぞ現地生情報をご覧くださいね!

あわせてお読みください