ペルー国立考古学人類学歴史学博物館

ペルー国立考古学人類学歴史学博物館

4月20日(月)AB-ROAD海外ガイド記事にペルー国立考古学人類学歴史学博物館が掲載されました。

リマでぜひ訪ねて頂きたい博物館ベスト3。その一つがこちら、ペルー国立考古学人類学歴史学博物館(略称: MNAAHP )です。ペルーで最も古いこの博物館では、石器時代からインカに至るプレコロンビア時代の文化だけでなく、スペイン人による侵略から植民地時代、そして現在までのペルーの歴史をあまねく紹介しています。ペルーに博物館は数あれど、これほど整っているのはやはりMNAAHPだけ。まずはここを抑えた上で、気になる時代をテーマにした博物館を訪れる、とできればいいですね~。ちなみにパラカス期と、それに続くナスカ文化についてはMNAAHPが一押しです!

常設のほか、期間展も充実。考古学的なものだけでなく、現代アートや音楽イベントも行われるんですよ。夜には古代の楽器を使った演奏会や、フォルクローレダンスのショーなども開催されます。無料開催のものも多いので、興味のある方はHPやfacebookをこまめにチェックしてみて下さいね。

この記事は1年以上前(2015年4月20日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。