ペルーの切手と中央郵便局

1月23日(金)阪急交通社・海外現地生情報にペルーの切手と中央郵便局が掲載されました。

今月末まで開催の「クリスマス用記念切手の展覧会」。カトリックにちなんだデザインばかりなので、そちらに興味のない人には微妙かもしれませんが、私はそれなりに楽しむことができました。

例えば「世界初の切手は1840年5月6日にイギリスで発行されたPenny Black」だとか、「ペルー初の切手は1858年3月10日」とか、そんなミニ情報もあり。ちなみに日本で初めて郵便切手が発行されたのは1871年ですから、当時はペルーのほうが進んでいたんですね~。現在の郵便事情は雲泥の差ですけどね(笑)

あと中央郵便局の中で記念切手が販売されているのも、今回初めて知りました。そこに郵便局があることを知っていても、気づいていないことは多いもんですね。

それにしてもユカ芋のデザイン切手はあるのに、マチュピチュやナスカはないなんて!過去に発行されたものが売り切れただけかしら?やろうと思えばいくらでも発行できるはずなのに、やる気ないなぁ。でもちょっと面白いです。切手好きの方がいたら、ぜひ教えてあげて下さい。

あわせてお読みください