チリ政府、地雷撤去のためタクナ-アリカ間国境を一時閉鎖の予定

frontera.jpg先日の大雨の影響で露出した対人地雷撤去のため、チリ政府は3月4日から11日にかけアリカ-タクナ間の国境を一時閉鎖する予定。

ペルー・タクナ州の入国管理局によると、チリのアリカ・パリナコタ管区からその旨の通達があったという。国境閉鎖の日時詳細については同局から数時間後に公式発表される模様。エル・コメルシオ紙が同局から事前入手した情報は次の通り。

3月4日(日): 午前5時-午前10時
3月5日(月)~9日(金): 午前5時-午前8時
3月10日(土): 閉鎖なし・国境終日開放
3月11日(日): 午前5時-午前10時

(ソース:エル・コメルシオ)

近日中にタクナからチリへ入国する観光査証書き換え目的の旅行者はご注意ください。

この記事は1年以上前(2012年2月28日)に投稿されたものです。
情報が現在とは異なる可能性がありますのでご注意ください。