「Works」カテゴリーアーカイブ

原田慶子の執筆記事とメディア活動一覧

トリコガイド ペルー 2018-2019

雑誌等の紙媒体 タイトル: トリコガイド ペルー 2018-2019  (紙媒体)
2017 メディア: 枻出版社 トリコガイドシリーズ
  概  要: 前回に引き続き、今回も改定作業のお手伝いをさせて頂いたトリコガイド・シリーズのペルー編。ペルーを楽しみ尽くすための情報を、さらにパワーアップしてお届けします!

(以下は枻出版社の紹介文です)

よくあるガイドブックは、細かくて分かりづらい。でも、トリコガイドは違います。どの情報も、写真が大きく美しい。旅のイメージが湧きやすい。

「結局、何が一番いいのか」がすぐ分かる。それが、“せっかくだから"を満たしてくれるガイドブック「トリコガイド」です。

「トリコガイドペルー」の最新版は、旅の目的別に3の特集と5つのエリアガイドを用意しました。


まずは、ペルーの美食です。美食大国として世界でも有名なペルー。この特集ではその理由を、歴史から紐解いて解説します。ペルーの代表的な33メニューも一挙に紹介。

続いて、温泉を特集。実はペルーは温泉大国なのです。マチュピチュに行く際の拠点となる街「クスコ」からバスなどで行ける地元の人々で賑わう3つの温泉を紹介しています。

そして、「日本人がまだ知らない場所」も見逃せません。知名度は低いけど、ペルーでしか味わえない独特の雰囲気をもつ3つのエリア厳選して掲載しました。

エリアガイドは、「クスコ&マチュピチュ」から。マチュピチュには、その手前にあるクスコという街を経由します。インカとスペインが組み合わさったコロニアルな街並みと、どこまでも澄みわたるアンデスの青い空。実はこの街に惚れ込み、住み着いてしまう旅行者も少なくないのです。

続いては首都、「リマ」。グルメに関して、南北含めたアメリカ大陸の中心地として熱視線を浴びています。人種や文化など、何もかもがミックスされたこの街は、何度でも訪れたくなる深さをもっています。

リマから450 ㎞も離れた「ナスカ」にわざわざ行く理由はただひとつ、かの有名な地上絵を見るため。飛行機で行きやすくなったナスカを紹介します。

標高約3810m。富士山よりももっと高い場所にある「チチカカ湖」。湖畔の街、プーノを拠点にした島々へのツアーは、ここでしかできない体験ができると世界中のツーリストたちをトリコにしてやみません。

天空の鏡"として一躍有名になった「ウユニ塩湖」。ベストシーズンは雨季(3月前後)ですが、乾季でも行く価値を解説します。

【CONTENTS】

▼特集

美食大国、ペルーを知る
温泉ツーリズム in クスコ
日本人がまだ知らない場所

▼エリアガイド

クスコ&マチュピチュ
リマ
ナスカ
チチカカ湖(プーノ)
ウユニ塩湖(ボリビア)

▼DEPARTURES

ペルーについて/お金のこと/季節と服装/旅の鞄と持ち物について/宿手配の上級テク/移動について/リマの空港について/スペイン語講座/インターネットについて/安全について/ペルー経験者からのアドバイス

雑誌コード: 62412-15
ISBNコード: 978-4-7779-4731-9
発売日: 2017/6/27
  (データ最終更新日: 2017/06/29)

アンデスコンドルの聖地、コルカ渓谷への旅・往路編

ウェブ上の記事 タイトル: アンデスコンドルの聖地、コルカ渓谷への旅・往路編
2017 メディア: 阪急交通社 海外現地情報ブログ
  概  要: アンデスの峰をバックに青空を悠々と舞うコンドル。「コンドルは飛んでいく」でおなじみの枯れたフレーズが自然と頭の中に流れ込んでくるこの風景、見学には「白い街」として名高いアレキパからのツアーが一般的です。今回は中でも最もポピュラーな一泊二日のエクスカーション、その前半をご紹介。ペルーの国獣「ビクーニャ」の群れが見られる国立自然保護区や4910mの高地越えを経て、コルカ渓谷の入り口チバイ村へと向かいます。
  (データ最終更新日: 2017/08/17)

傷だらけのピラミッド「ワカ・ワジャマルカ」

ウェブ上の記事 タイトル: 傷だらけのピラミッド「ワカ・ワジャマルカ」
2017 メディア: AB-ROAD (エイビーロード / リクルート)
  概  要: リマのビジネスセンター、サンイシドロ区に佇むピラミッド「ワカ・ワジャマルカ」。紀元前200年ごろの造営とされるこの遺跡、元々は円錐形だったといいます。それが何故今のような形になったのか、その理由をぜひ本文でお楽しみください。
  (データ最終更新日: 2017/08/09)

こちら地球丸編集部 第229号編集後記

ウェブ上の記事 タイトル: こちら地球丸編集部 第229号編集後記
2017 メディア: 海外在住メディア広場 「地球はとっても丸い」
  概  要: 日本一時帰国時にジャパン・レール・パス利用で旅行したお話を少々。山形市、尾花沢、一ノ関、平泉、遠野など東北の素朴さと暖かさに触れ、もっと早く訪れればよかったと後悔しています。前提条件が10年以上の国外在住者に変更されたものの、JRパスの存続は本当にありがたいこと。次回も知らない日本を知る旅に活用させていただきたいと思います。
  (データ最終更新日: 2017/08/03)

リマで人気の若手シェフの店「Cosme」

ウェブ上の記事 タイトル: リマで人気の若手シェフの店「Cosme」
2017 メディア: 阪急交通社 海外現地情報ブログ
  概  要: リマ市サン・イシドロ区にあるレストラン「Cosme(コスメ)」は、リマで注目の若手シェフ James Berckemeyer が経営するフュージョン料理の店。ジャンルに囚われない自由な発想で、個性的な一品を提供してくれます。世界的な旅行口コミサイトの評価も高いこのレストラン、比較的空いている平日のランチタイムが狙い目です。
  (データ最終更新日: 2017/07/28)